MHRise

【MHRise解説】私は別働隊長!多頭クエを円滑に進めてる!?

こんにちはざるたんですよい。

今回は、ちょっと変なタイトルを付けてみたんだよね。深い意味はないんだけど。

金冠回しを野良でやったり、ロビー発のマルチでもまあまあよく見る光景について、思うところがあったから記事にしてみたんだ。

別働隊長って一般的な呼び方じゃないんだけど、説明してから進めたりしてくからお付き合いいただけると嬉しいんだよ。

それでは行ってみよ。

別動隊長とは

ざるたんが別動隊長って呼んでるのは、多頭狩猟クエストで他のハンターが戦ってない方のモンスターと戦い始めるハンターさんのことなんだ。体感では結構な人数がいる印象あるんだ。

一頭のモンスターと戦ってる人数が増えると、ターゲットが回って来る回数が少なくなって、モンスターを攻撃出来る機会が減るからなのか、すでに3人が戦い始めていても1人で別のモンスターと戦いはじめる隊長さん。

後は、合流→縄張り争い→操竜→移動って流れで別動隊が(勝手に)編成されることもあるんだ。

マルチプレイでのモンスターの体力

MHWからの仕様で、マルチプレイ時にはモンスターの体力が増加するんだ。体力だけじゃなくて、ひるみ値も増加する。つまりモンスターがひるみづらくなるんだ。

ライズでの比率は↓の表な感じ。

1人100%
2人140%
3人180%
4人210%-220%

ソロを100とした時の比率なんだけど、4人PTでは、一人当たりソロ時の55%程度殴ってれば同タイム位でクエストが終了するんだ。

ソロだとある程度攻撃をして、モンスターがダウンしたらまとめてダメージを稼ぐ、って言うのを繰り返しながら進めていくと思うんだけど、これは基本的にはマルチでも一緒なんだ。

だから、人数が増えるとモンスターがダウンしづらくなって、バランスが取られてるんだよね。もし、ひるみ値がソロと変わらなかったらずっとダウンしてる状態になってしまうから。

マルチプレイでのハンターの火力

今度はマルチプレイでのハンター側の火力について考えていってみるんだ。モンスターが好き勝手暴れてる状態では、攻撃範囲外にちょろちょろ移動されちゃうから、ソロ時の半分位しか殴れないことがほとんどなんだ。

特に、ガンナーが含まれてるPTの近接武器は半分以下の火力しか出せないと思うんだよね。ガンナーさんがちゃんと立ち回れる人だと大分マシなんだけど、感覚的にライズでは1/100位しかいない。

攻撃を続けることでゲージを溜めて火力を上げる系の武器とか、向かって来るモンスターに対するカウンターを主体に戦う武器は結構深刻で、安定して火力を出すことが難しくなるんだ。

その分、安全に回復したり研いだり出来る時間が確保出来るから、安全性はソロよりも断然高い。

4人居るから攻撃力も4倍、って感じには原則ならないんだ。でも原則があれば例外があるんだよね。ここからは例外的に一人当たりの火力が落ちない例を見てく。

ダウンラッシュ時の火力

モンスターが大ダウンしたり、麻痺したり、スタンしたり、疲れてへろへろしてる時は攻撃チャンスだよね。うん。

このダウンラッシュ時には4人全員がほぼ最大火力をもって攻撃出来るから、4人PTならソロの4倍近い火力を出すことが出来るんだ。弱点を全員で殴れるタイミングは基本的にはこの時しかない。

ダウン・スタン回数を増やせる徹甲ガンが重宝されるのはここで、拘束時間が長くなれば、火力の平均値がソロ時の4倍に近づくから、220%の体力ならソロ時の半分程度の時間で狩れるって寸法。

実際ソロ時に火力をキープしたまま完全拘束は出来ないから、メンバーがまともなら半分以下のタイムになる。

全員ガンナー

ポジショニングにダメージが左右されづらい斬裂ガンとか徹甲ガン、貫通ガンだけでパーティーを組むと、攻撃出来ない時間が短くなるからPT火力をキープしやすいんだ。

ただ、野良でこうなることはほとんどないし、相手をするモンスターも選ぶからなかなか上手くはいかないと思うんだよね。

ナルハタタヒメの周回なんかでは全員貫通ガン持ってダラダラやってても、ソロと時間が変わらなかったりするから、身内で回すのにはいいのかもね。

別働隊長の貢献度

さて、マルチプレイでのモンスターの体力・ひるみ値、ハンター側の総火力についてみてきたところで、話を別働隊長さんに戻していくんだ。

ここからは、実際の多頭クエストで別働隊長さんがどれくらい貢献してくれているのかを考えていくんだ。ナカゴは今のところ関係ない。

2:2パターン

まずは、4人PTで2人でモンスターAを、別働隊長さん達が2人でモンスターBを相手にしてることを考えていってみる。

モンスターの体力220%に対して、ハンターが2人で当たってるから、一見バランスの取れた構成なんだけど、ダウン時の火力が2倍までしか上がらないのが気がかりなんだ。

そして、モンスターが全然ひるまないので、ダウン回数も稼げないことが想像されるんだよね。実体験でもそう。マルチ体力だと弱点に激昂斬当ててもひるまない。

完全に打ち合わせが出来てるロビー発の熟練PTだったら、4人で1頭ずつ相手にするよりも移動分の時間短縮にはなるかも知れないけど、構成としてはちょっと疑問。

野良では恐らく、1頭ずつ片付けるよりも時間がかかると思うんだ。あと、徹甲ガンが居たり、笛・ハンマーなんかのスタンを取りやすい武器種がいる時にはダウン火力を落としてしまってることが仇になるんだよね。

4人が一丸となってれば、ダウン中には4倍近い火力で攻撃出来るのに、2倍にしかならない。逆にモンスター側のスタン耐性はどんどん上がっていってしまうから、たとえ徹甲ガンでも終始スタン状態をキープするのは難しいと思うんだ。

スタン間隔が長くなれば手数も稼げなくなるし、拘束中に落としきれるだけの火力も無くなってしまってるから、後半戦になればなるほど時間がかかるんだ。

トータルで考えると、別働隊長さんはあんまり貢献出来てない、って感じになるのかな。

3:1パターン

今度は3人でモンスターAを、別働隊長さんが1人でモンスターBを相手にする構成について考えてみるんだ。

3人パーティーの方は、少しひるみづらい位のモンスターを相手にする程度の変化しかないんだけど、1人の方は倍の手数が無いとひるませることすら出来ないんだ。実力が全員同じ位のパーティーだったら、3人の方が討伐完了しても、1人の方は半分すら削れてない状態になる。

仮に一人の方が徹甲ガンとかでスタンさせて手数を稼ぎまくっても、この差が埋まることは無いんだ。そして、ダウン火力が通常の1/4って考えると、合流前にスタンを取るのはもったいないんだよね。

前作のMHWでは、この構成に一応意味があったんだ。

と言うのも、MHWのバゼルギウスは同一エリアに交戦状態のハンターが居ないと、他のモンスターと交戦してるエリアに移動しやすくなるAIだったみたいで、移動を食い止めるために隣接エリアとかで一人がバゼルギウスを足止めする構成があるにはあったんだ。

でも、ライズではむしろ乱入→操竜の方がダメージを稼ぎやすいし、操竜終わったらとっとと移動してくれるから、足止めをするメリットもない。

正直この構成で狩る位ならソロでやった方がよいと思うんだ。別働隊長さんはほぼ貢献出来てない、ってなるね。

別働捕獲部隊(1人)

これは例外的に別働隊長さんが大活躍するパターン。1頭目のターゲットに脚を引きずった状態で移動されちゃったときに、捕獲のために一人だけ巣に向かう別働隊長さんは貢献度高いんだ。

ただ、意思の疎通が出来てることと、ホストが討伐狙いじゃない時限定なんだけどね・・・。

逃がしてしまった直後とかのタイミングでVC/TCで「サクっと捕獲してくるんで、次のタゲ向かっちゃってくださーい」位言っておかないと、普通は全員で追いかけるよね。定型に用意しておくのも良いかも知れない。

あと、捕獲ミスると最悪人権の一部を失うから注意した方がよいよ。

別働操竜部隊(1人)

こっちも状況によっては貢献度が高いこともある別動隊。

不慣れなPTとかの場合には、開幕操竜でラージャンクラスを引っ張ってくると大分楽になるよね。山頂に上って寝てるところを起こしてまで連れてくるメリットがあるかどうかは疑問だけど・・・。

ただ、そこそこに熟練したPTだったら、操竜に向かってタゲの元に戻ってくるまでの時間に与えられるダメージ>操竜のダメージになるから、状況を見てやった方がいいかな。

途中参加の時には更に注意が必要で、すでに操竜済みのモンスターはそう簡単に操竜待機にならないから、無為に時間を浪費するだけに終わることがほとんどなんだよね。

あと、溶岩洞の壁ドンギミックのためだけに遠いエリアまでターゲットを連れて行っちゃう隊長さんとか、他のモンスターにぶつけるために遠くに連れてっちゃう隊長さんは、結局PT火力を落としてしまうことが多いから自重した方がよいんだ。

当然だけど、こっちも操竜ミスると人権を一部失う。

別動隊の楽しみ方

残念なことに野良パーティーや実力が同じ位のパーティーでは、別働隊長さんは効率面では全くと言っていい程貢献出来てなかったんだ。だんごでも食べて元気出せよ。

もし、野良で3:1構成になって1人の方が速く弱らせてたら、3人の方が明らかに火力不足だし、1人の方は明らかに人格に問題があるんだ。

ここまでは効率面を中心に見てきたんだけど、別働隊の楽しみ方、ってものもあるので、ここからはそれを考えていくんだ。

大前提として、フレンドと4人でやる遊び方だから、野良で急にやったらダメなんだ。

2vs2、1vs1

太古からの伝統クエスト、4本角、つまりディアブロス2頭クエスト。

これを、1人ずつ、2人ずつでどっちが速く狩れるかを勝負するのがこの1vs1とか2vs2なんだ。同種のモンスター2頭クエならターゲットはなんでもいいんだけど、ライズでは今のところラングロトラかディアブロスになるのかな、あとヌシディアも居るか・・・。

フレンドたちと、捕獲の有り・無しとか、どっちの2人が北側or南側のターゲットに向かうとか、武器種の制限とか事前にルールを決めて、遊ぶと結構楽しいよう。VC繋いで、ワイワイ言いながらやるのが基本。

流石に1vs3になるとプロハンでも勝負にならなくなるんだけど・・・。

問題は、相手が尻尾斬っても剥ぎ取りに行けないのと、ライズの同種2頭クエでは金冠・ミニ金冠が出ないってところ。息抜き程度に遊ぶとよいよ。

異種2頭クエでフレンドと4人で金冠周回とかするのもオススメなんだ。ただし、VC繋いで無いとあんまり楽しくないと思うんだよね。相手の状況が全く分からないから。

気分転換分担作業部隊

金冠狙いなんかで同じ多頭クエを連戦してると、ワンパターンになって飽きてくるんだよね。なかなか金冠も出ない気がするし・・・。

そんなときに、4人PTを2人ずつに分けて、2頭と同時に戦うのも楽しいんだ。ひるみ耐性が高いから立ち回りの練習にもなるしよいよ。

正直時間効率を考えたら、全く効率的じゃないんだけど、グダグダチャットしながら、たまに交代しつつやってくと気分転換になるんだ。

悪の別働隊長さん

ここまで別動隊について、効率的にどうなの?とか、役に立つ隊長さんとか、部隊を敢えて分担して楽しむ方法とかを見てきたんだ。

野良参加要請で戦ってるのとは別モンスターに向かう隊長さんも、基本的には悪気があってやってるんじゃないと思うんだよね。

ただ、別働隊長さんには悪の別働隊長さんも居るのが問題なんだ。ここからは悪の別働隊長さんについて見ていこう。ナカゴは多分関係ない。

非交戦部隊長さん

ざるたんは、マルチプレイ時にちらちらマップを見て、エリア内の仲間の位置関係とか、他エリアのモンスターの動向とかを見てるんだ。

当然別働隊長さんが居れば、別動隊の様子もうかがってる。2:2に割れちゃってるときはほとんどいないんだけど、3:1パターンだと、戦ってるように見せかけて戦ってない隊長さんが一定数居るんだ。

回り道してるだけならヒトダマ集めてるのかな、って思うんだけど、下手にモンスターと同じエリアに居るから、まるわかりなんだよね。ガルクに乗ってること多い。

死亡フラグ隊長さん

「ここは俺に任せてお前らは先に行け・・・、さて、お前の相手はこの俺だ!」タイプの隊長さん。

どういうことかと言うと、別エリアで戦い始めてから間もなく力尽きて、キャンプに戻される系の隊長さん。最悪そのままカムラに戻ってく。なぜ一人で向かおうと思った?

サイズ観測部隊長さん

金冠・ミニ金周回に出現率が高いタイプの隊長さん。

戦ってない方のモンスターに向かっていって、サイズを確認して、満足できないと里に帰っていく。戦ってる方のモンスターにも同じ行動を取る部隊長さんも確認されてるんだ。

クエストリタして、同じクエに参加要請で入ってくる。ってプレイヤーを見かけたらブロックしてよいよ。2回続いたら偶然じゃないから、それ。

多頭クエで、一頭を狩猟した直後に帰還してく隊長さんも目的は同じ。ソロでやる分にはいいんだけど、マルチ、しかも野良でやられると気分悪いよね。

別働隊長さんに思うこと

ざるたんは個人的には別働部隊について、別働捕獲部隊以外は要らない、って思ってるんだ。悪の隊長さん以外でもある種の迷惑行為だと思うんだよね。まあ、だんごでも・・・。

ライズでは救難信号じゃなくて、参加要請って表現だから薄れがちだけど、ざるたんはクエスト主(ホスト)の意向が全てだと思ってるんだ。ホストと同じマップで戦うのが基本で、事前に打ち合わせがある場合だけ特殊な例外があると思ってるんだよね。

だから、赤いアイコンが戦っていようがいまいが、参加要請でクエストに参加したら、まずはそこを目指して移動してるんだ。採取してたら一緒に採取する位の感じなんだ。誰が呼んだか「おっきいオトモアイルー」状態。にゃん。

尻尾斬ったら「ぐっじょぶ」って言いたいし、みんなで1頭始末したら「なーいす」って言いたい。でもなかなか野良でチャット打っても返ってこないんだよね、悲しい。

別働隊長さんからの被害

まあ、やりたいようにやればいいよ、って思って自分が要請出した野良で別働隊長さんが湧いてもチャットで注意する程度だったんだよね。ほとんど無視されるけど。

金冠周回中のある日、フルフル&ウルクススのクエに参加要請付きで行ったんだ。

ざるたんはBC近くの洞窟にフルフルが居たから、参加者が来る前から交戦してた。

そしたら、青メンバーが入って来て、ウルクススに向かっていったんだよね。「ついてきてください」チャットと「カモン!」スタンプは無情にもスルーされた。

その後、黄色メンバーと緑メンバーが入ってきて、わざわざ遠くにいる青メンバーと合流してウルクススと戦い始めたんだ。「ついてきてください」チャットと「カモン!」スタンプはここでもスルーされた。ホスト我ぞ?って思った。ちなみに全員日本語ネーム。

こっちはそろそろ弱りそうだったから、フルフルを攻撃してたんだけど、ウルクススが先に倒れたんだよね。討伐されてた。直後にフルフル捕獲してクエスト終了。別にウルクススを剥ぎ取れなかったことに文句はないんだけど、そのクエでウルクススに金冠が付いちゃったんだ。

ざるたんはおっきいウルクススを見てない。見たかった。けど見てない。

それ以降、金冠周回はソロでやるようになったし、隊長さんにチャットをスルーされ続けたら最後の手段としてキックすることも辞さない覚悟を持ったんだ。実際に何人か蹴った。

最後に

今回は、野良でまあまあ見かける別働隊長さんについて記事にしてみたんだ。

繰り返しになるけど、意思疎通が出来てる状態の別働捕獲部隊以外は要らないと思うんだ。せっかくマルチでやってるなら、みんなで一頭のモンスターを狩った方が楽しいし、一対一の戦いがしたいならソロでやればよいと思うんだよね。

サクッと紹介した、フレンドと2vs2は結構面白いので、やってみるのもよいかもしれないよ。メイン武器使用禁止とか、斬裂・徹甲禁止とか、護石・装飾品禁止とか、一式装備縛りとか、全員武器防具を揃えるとかいろいろルールを変えると楽しいし、多分上達するんだ。

コンテンツの薄さを嘆くだけじゃなくて、楽しみ方は自分で見つけるんだ。

そんな感じ。

POSTED COMMENT

  1. 重弩 より:

    捕獲をしにいくのは盲点でした、これから認識されたり・・・しませんよね。
    別動隊長はざるたん的には無効なんですねえ、以前の作品なら有効なのでしょうか?
    被害の項は見ているだけで辛くなりました、私なら抜けてしまいそうです。sfサイキョーのホストデカラー狙い参加者チビラー狙い逆も然り、あれを思い出しました。

    • zaltan より:

      重弩さん

      いつもコメントありがとうございます!大変励みになります!

      私は昔から多頭クエの捕獲は別行動派でした。PSP持ち寄ったり、VC繋いだりしてたので、スムーズに行けました。

      MHW以前のパーティー人数でモンスターの体力やひるみ値が変わらない作品だったらデメリットも少なかったと思うのですが、ダウン中に袋叩きに出来ないのはやっぱり微妙ですね。

      ウルクススだけは最大最大金冠を目指そうかと思ってますw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です