MHRise

【MHRise解説】クエスト失敗回数が発表されたよい【公式発表】

こんにちはおはようございますざるたんですよい。

モンハンのクエストは3回力尽きたり、50分とかの制限時間をオーバーすると失敗になるんだ。ライズでは制限時間の方で失敗になることは少ないと思うんだけど、慣れないうちは3回力尽きちゃったりすることもあると思う。

最近は野良参加要請で戦場に到達したら、挨拶がてらにメンバーのHRを確認したりしてるんだけど、HR99までは装備も整ってなかったりするし、高難度クエストだとケアしなきゃな、と思いながら立ち回ってるんだ。

そんななか、先日CAPCOM公式『カムラの里 狩猟検分帖』でクエスト失敗回数ランキングが発表されたので、それについて思ってることとか考察とかを記事にしていこうと思うんだ。

他にもPT人数とかも発表されてるから、それも見てく。

れっつご。

クエスト失敗回数ランキング

8月のある一週間で統計を取ったランキングはこんな感じで、★7クエストが多くなってる。個人的にはもっと高難度クエが多いかと思ったんだけど、ストーリー進行中のクエストが多いのかな。

リタイア回数は加味されてないだろうから、実際に乙が発生してるクエストランキングとは違ってくるのかもしれないし、総数とか失敗率が解らないんだけど、結構意外なクエストが入ってたりもするんだ。

それじゃ一個一個見たり考えてたりしてこ。

第1位 百竜の淵源

栄えある第1位は「百竜の淵源」だったんだ。多分イブシマキヒコで力尽きることはないだろうから、百竜の淵源ナルハタタヒメでやられてしまうんだろうね。

ざるたんはなんどか動きを見ながらゆっくり戦うことにしてたから、攻撃範囲とかタイミングは理解してたんだけど、ガード武器でも一回固められると厳しい相手だよね。

野良では専らガンナーさんが落ちるイメージがあるんだ。近接でも当たったら痛い攻撃だから、ガンナーは被弾したら厳しいよね。しかも遅れてくる連続ヒット攻撃があるから、下手に受け身取ると空中コンボであっという間に乙ってしまうんだろね。

あと、岩に飛び移って必殺技を避けたりするのも解らないとただただ被弾するだけだし、ヒメ本体よりも折れた撃龍槍にやられる人の方が多いと思う。だから一位はきっと折れた撃龍槍。飛び込み付けてダイブしよ。

第2位 彼方より来る凶星

2位は奇しき赫耀のバルファルクの大社跡以外バージョンクエスト。5位にも大社跡の奇しき赫耀のバルファルククエストがあるから、合算だったら1位になるのかな?どうだったんだろね。

個人的には初見からそんなに苦戦するようなモンスターではなかったんだけど、強襲をまともに喰らっちゃうとガンナーは一撃で持ってかれたりするよね。あれは、マップ上でバルファルクの位置が止まったら逆側にダイブすれば大丈夫。

あとはモーションしっかり覚えて無理に攻撃しないことが肝心だよね。

第3位 炎国の王

みんな大好きテオにゃんが3位に入って来た。どうでもいいことだけど、クエスト依頼書のテオにゃんの絵がとってもかわいくて好き。

予想通り、ドス古龍の中では一番ハンターをキャンプ送りにしてるんだよね。

ライズのテオにゃんは、爆破粉塵纏い状態の攻撃でまき散らす粉塵が見えやすくなってるんだけど、逆に言うと透明度が下がってて視界がとっても悪くなるんだ。

スーパーノヴァに狩られてる人はあんまり見ないんだけど、連続ヒットの爆破粉塵とか直下ブレスをハイパーアーマーで貰って溶ける人はたまに見かける。ありがちな事故だよね。

第4位 鬼火を纏いしモノ

看板モンスターのマガイマガドが4位に入って来てる。正直ベスト3に入ってくるかと思ってた。上位の山場だし、装備を作るのに玉が必要だから人気クエではあるよね。

コンボの終点が解りづらくて、もう大丈夫と思って攻撃に出たところを被弾→その後の起き攻めで被弾、とかがキャンプ送りの原因で一番多いんじゃないかな。遠距離にも素早い攻撃が多いから、ガンナーの被弾率も高いと思う。

流石にリリースから結構経ってるから、鬼火やられを放置してやられる人はそんなに居ないと思う。居ないと思う・・・。

防戦の時間が長くなりがちだから焦れてやられる系モンスターの筆頭だよね。

第5位 奇しき赫耀

バルファルクの大社跡エディションのクエストがこれ。バルファルクさんは2位と5位と9位に入ってるから、合算したらハンター撃退数は一位なんじゃないかと思う。

予備動作をしっかり覚えておけばそんなに怖い相手じゃないから、よく見て対処してこ。

↓の記事に予備動作とかについて詳しく書いてるから参考にしてみて貰えたら嬉しいよ。

【MHRise解説】モンスターの確定行動とか予備動作について元プロハンのざるたんが、モンスターの確定行動とか予備動作について解説してく記事。上級者がやってるモンスターの攻撃に対する反撃のパターン化についても解説してく。...

第6位 雷光電轟、ヌシ・ジンオウガ

ランクインは順当だと思うヌシ・ジンオウガのクエストが第6位。こいつもコンボの切れ目が解りづらいのと、一発の威力が高いからガード武器キラーでもあるんだよね。

雷耐性高めて雷やられを無効化したり、喰らっても安全を確認するまでは受け身を取るのを待ったりするだけでキャンプ送りの確率は大分下げられると思うんだ。

コイツも一見隙が無いように見えるけど、攻撃後の隙は原種よりも長かったりするし、予備動作も解りやすいから、しっかり見てこ。

第7位 雷神

ほぉ、なるほど、って感じのナルハタタヒメクエストが7位に入ってきてる。8月の集計だから、恐らく新規勢が躓いてるクエスト、ってことなんだと思うんだよね。

翔虫の使い方や、一定体力ごとに真ん中行って大技の準備したり、電気付いてる部位を消灯させてくと弱点晒してダウンする、ってことが理解出来てないと難しいのかもね。

あとは、動画とかでオススメされてるガンナー装備を見て、初めてボウガンを使う相手がナルハタタヒメとかだと、乙る可能性は高いかも知れない。ソロ用の戦術を野良マルチでやっても上手くいかない、って好例。

ざるたんは錬金素材のためにひたすらソロで500頭くらい溶かしたけど、何回かやってけば慣れると思うんだ。

第8位 痛烈無比、ヌシ・ディアブロス

もうちょっと上に入ってくるのかと思ってたヌシ・ディアブロスのクエストが8位。テオにゃんが3位ナルハタタヒメが7位に入ってる、ってことは、ここまでたどり着いてない人が多いのかも知れない。

通常種のディアと大して変わらないんだけど、咆哮からの確定コンボもあるし、ぐるぐる回る攻撃の範囲と威力が大きいから、油断すると一気に持ってかれるモンスター。実はサイズが大きいから近寄ってしまえば頭の上を通り抜けて行ったりとか、結構安全だったりするんだけど、怖いよね。

野良マルチで中途半端な拘束パーティーだったりすると、拘束が解けた瞬間に誰かがやられるイメージがある。もうヌシディアが動くと誰かが乙る状態。不安だったら近接でいっとこ。

第9位 高難度:凶星、業火の地に降る

今回唯一の高難度クエが9位にランクイン。高難度クエはモンスターの攻撃が通常よりも痛いクエストだから、ヤバめの攻撃がヤバい攻撃に、ヤバい攻撃が即キャンプ送りの攻撃になるんだ。

野良だと結構みんなヤツカダキから片付けに行くけど、しっかりヒトダマドリ集めながらバルファルクから狩ってしまうのがオススメ。どうせ討伐しなきゃいけないんだし、嫌な言い方すると、3乙帰還になったときに時間的・精神的ダメージも抑えられる。

通常クエストでしっかりモーションを抑えて、強襲は絶対に回避出来るようにしとこ。

あと、高難度だとヤツカダキの攻撃力も馬鹿にならないから、たかが蜘蛛と侮らないで、しっかり堅実に戦ってこ。2頭クエで体力が低いのが救い。

第10位 グルメ・モンスターズ

10位はグルメ・モンスターズ・・・。は?なんで?

集計は8月のある一週ってことだから、相当回数受注されて、結構失敗してるってことだよね。あらかじめ集計期間が発表されてたならイナイレの五条さんと同じ理由かとも思ったんだけど、発表されてないからそれもないよね。

一瞬山頂で寝てる猿を起こしてしまったことが原因かとも思ったけど、★4クエって猿居ないよね・・・。

まじでなぞ。

非公式番外編 闘技大会05

これは個人的な見解なんだけど、モンハンライズで最も失敗が多いクエスト(?)は闘技大会05だと思うんだ。闘技上でお猿さんと戯れるクエスト。

なぜかというと、このクエストは失敗までの時間が最速でおよそ20秒と数あるクエストで一番早いんだ。しかも闘技場だからロードも短い。

なんでこれが失敗数が多いかと言うと、錬金を回すため。

ライズの護石錬金は、お店に錬金素材を預けてから1クエスト消化する必要があるんだ。リタイアでも5分以内に帰還でもダメなんだけど、失敗なら1クエストで1個錬金が進む。しかもこのクエストは闘技大会だから1乙で失敗する。

真面目にやって失敗してる人も居ると思うし、錬金のためにわざと失敗してる人も相当数居るから、恐らくこれが1位だったんじゃないかと思ってる。でも、普通に考えたらランキングからは除外するよね。うん。

でも、最速錬金回しとかやってる人はもう護石マラソンやってないだろうし、なんならライズやってないと思うから、ランク外だったのかも知れないし・・・。真相は闇の中。

クエスト出発メンバー人数分布

こっちも同じページから引用のクエスト出発メンバー人数分布なんだ。

あくまでも出発メンバーだから、参加要請に関してはカウントされてないと思われるんだ。クエスト種によって差があるけど、プレイヤーの半分ちょっとはソロか野良参加要請で遊んでるってことだよね。

で、1/4位は4人集めてからクエストに行ってる計算。結構多くてびっくりしてる。イベクエは受注可能になった瞬間に行きたい人が多いだろうからソロとか野良率が高いのは納得なんだけど、そんな集会所って使われてるのかな・・・。

気になるのはランダム百竜夜行って項目で、クエストはランダム受注できなくて、参加要請に飛び込むときには★だけ指定したランダムが可能なんだけど、これ、参加要請込みの数字なのかな?そう考えるとソロの比率が高すぎるような気もするし、よくわからないグラフだったね。

ライズのイベクエって、多くは初回クリア時に称号・スタンプ・ジェスチャーが貰える、とか、カプコンコラボの装備の素材が貰えるとかで複数回回すメリットが無いのが多いんだよね。

砂原のクシャ強化個体クエとかは純粋に強い相手と戦えるだけだし、金冠とかレア素材の救済とか高HRP的なクエストが無いから、マルチで連戦するメリットがない。

マルチプレイ時のオトモ割合

同じく公開されたマルチでのオトモ割合。もっとアイルーさん連れてる人多いイメージだったけど、キレイにアイルー:ガルク2の比率になってるね。

クエスト受注から目的地に移動するまでの時間はやっぱりガルクの方が速いし、デフォルトの第一オトモがガルクに設定されてるから変更しないまま遊んでる人も多いんじゃないかと思うんだ。

アイルーのメリットはぶんどりオトモの素材集めとか、強化太鼓の術とか、環境生物発射の術とか、主にソロで役立つのが多い。対してガルクは移動速度が速くて、戦闘中でも足を止めずに砥石が使えて、ってあたりかな。

闘技場とか決戦場フィールドではアイルーさんを連れてくメリットもあるけど、通常フィールドではガルクが使いやすいよね。ざるたんは野良参加要請に飛び込んで遊ぶことが多いから、いちいち入れ替えが面倒でずっとガルクさんを連れてってるよ。

最後に

今回は、CAPCOM公式「カムラの里 狩猟検分帖」で公開された8月のある一週間の統計データを基にいろいろ考えてきてみたんだ。公式がこういう統計出してくれるのは面白くてよいよね。

恐らく、キャンプ送りの原因はヒトダマドリ集めが不十分だったり、無理して攻撃し続けてるのが原因だと思うんだよね。短期決戦狙ってクエスト失敗する位なら長期戦でも確実に成功させるようにしていった方がいいんだ。クリアタイムを気にするのは確実にクリアが出来るようになってからだよ。

ランキングに高難度クエが少なかったり、雷神が入ってたりするあたり、まだ新規参入勢は居るみたいでちょっと安心したんだ。本当は失敗率の方が面白い考察が出来そうだったんだけどね・・・。

次回も狩猟検分帖の更新に気付き次第ここでも見てこうと思うんだ。

そんな感じ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です