MHRise

【MHR:S】5/10発表の追加情報とかをまとめたりしてく

こんにちは、録画生配信って響きがなんか違和感の塊に見えてしまうざるたんですよい。

今回は、カプコンさんがモンスターハンターライズ:サンブレイクの発売に先駆けて、追加コンテンツの情報を小出しに発表してく企画の第二段が5/10に配信されたから、これの中身についてまとめてあれこれ言ったり、追加要素について考えたりしてく記事なんだ。

現在ではアーカイブされて、録画生配信のアーカイブが見れるようになってるから、リアルタイムで見れなかった人も見てみるとよいよ。鈴木Dが良い味出してるよ。

んではさっそくまとめてく。

新モンスター

2022年5月12日現在で発表されてる追加モンスターは以下の9種類なんだ。今回の配信で発表されたのはnewの3種なんだ。

  • 爵銀龍メル・ゼナ
  • 剛纏獣ガランゴルム
  • 氷狼竜ルナガロン
  • 電竜ライゼクス
  • 緋天狗獣ビシュテンゴ亜種
  • 鎌蟹ショウグンギザミ
  • new千刃竜セルレギオス
  • new氷人魚竜イソネミクニ亜種
  • new溶翁竜オロミドロ亜種

ここからは、新規に発表されたモンスターを中心に見てく。

千刃竜セルレギオス

MH4Gの看板モンスターのセルレギオスが追加になったんだ。コイツの登場に合わせて裂傷状態が追加されるみたいだよ。裂傷って言うと治療が必要な気がするんだけど、ハンターさんは屈強過ぎるので、しゃがんでるだけで傷が塞がるんだ。すげぇよね。

ちなみに、MH4Gでこの状態異常が追加されたことで、歴代モンスターで初めてハンターさん自体に傷を負わせることに成功したモンスターなんだよね。

空中から飛び掛かったり、刃鱗を飛ばして、地面に刺さった棘が炸裂して傷を負わせる。スピードも速くて厄介なモンスターなんだ。作中の格としてはリオレウスと同格、って感じだったから恐らく上位で言う★6相当のモンスターってことになると思うんだ。

レギオス武器・防具

レギオス武器には変わった特徴があったんだ。それは、回避を5回(ランスは9回)繰り返すと斬れ味が5回復するって特徴なんだ。実際に当時の抜刀大剣を考えると攻撃回数<回避回数になるから、戦闘中に研がなくても乗り切れる位優秀なんだ。

逆に手数が多いわりに回避回数が少ない片手剣とかランスあたりには全くかみ合わなかったね。

ガンナーは回避をすると選択中の弾が自動で1発リロードされる、って効果だったんだけど、イマイチ使いづらかったよね。

無属性武器だけど、素の斬れ味も優秀だから同じ特性が採用されれば、戦術に組み込めたりもするんじゃないかな。

防具の発動スキルは体術とか心眼とか裂傷耐性とかが付いてたから、サンブレでもそんな感じのスキル構成になるんじゃないかと思うんだ。

氷人魚竜イソネミクニ亜種

ライズモンスターのイソネミクニが亜種になって登場するんだ。ムービーを見た感じ、地面に氷を吹きつけて凍結させたりして攻撃してくるモンスターみたいだね。

地面が凍る、って言うとMHW:IBのイヴェルカーナとか氷刃ベリオを想像しちゃうんだ。凍結地面はガード不可だったし、判定が長時間残って、足を踏み入れると振り払うような謎モーションを取って追撃が確定したりしてたから不評だった。空中から攻めることが重要になったりするのかね?

生物としては当然の進化なのかも知れないけど、寒冷群島のフィールドとかを考えると、イソネ亜種の保護色は厄介だと思うんだ。頭振り回して攻撃してくるやつとか、判定の境目が見えづらくなると思うんだよね。特にライズはハンターさんの攻撃エフェクトがキツイから、とっても厄介になりそう。

イソネ亜種武器・防具

ざるたんはライズでイソネミクニ原種の武器・防具を使わなかったんだ。全く使わなかったんだ。だけど、イソネ亜種が追加されたことで、イソネ武器から派生強化で氷属性武器が作れるようになるんじゃないかと思うんだよね。

氷武器、ってなると競合するのはベリオ武器とかクシャ武器になるんじゃないかな。一応低属性値だけどゴシャハギ武器も氷属性だね。原種の危険度からすると、ベリオ武器と同等位に落ち着くのかな。

既に色んな武器種で氷属性はキャラ被りが発生してるんだ。低攻撃力・高会心・高属性値でベリオとクシャが存在するんだけど、ほとんどの場合クシャ武器が上になってくるんだ。まぁ、斧2種に関してはビンの関係で完全に上位互換にはなってないんだけどね。

高攻撃力・低属性値のゴシャハギ武器もあるから、バランス型に落ち着くのかな。

溶翁竜オロミドロ亜種

やってくれた。色んな意味でやってくれた。

原種のオロミドロはダメージゾーンにもなる泥をばら撒いて行動阻害をしつつ、自分は潜行移動をしたり、広範囲攻撃を繰り返してくる厄介モンスターだったんだけど、亜種は泥部分が溶岩になるみたい。厄介そう。

見た目に大差はないんだけど、潜行後には各部が熱であったまって赤くなるんだ。多分肉質が軟化したりしそうなんだ。ただ、肉質が軟化する仕様があるのであれば、それは普段の冷えた状態の肉質がカッチカチと考えるのが自然。それがモンハン。バサルモスとかを考えるとそんな感じになるんじゃないかと。

そして、海竜種・溶岩で柔らかくなったりする・でっかい、あたりの立ち位置を考えると、アグナコトルと被る部分が多いんじゃないかな。ライズにはアグナコトルの幼体であるウロコトルが居るんだけど、成体はキャラ被りで共演NGとかにならないか心配。

オロミドロ亜種武器・防具

ライズ本編でのオロミドロ防具は、頭の高速変形2・レベル2スロ*2が人気で、良お守りが引けるまではスラアク使いの呪い装備になったりもしてたんだ。胴の業物2も優秀だったね。

見た目は翁って名前からは想像も出来ないメカメカしい感じで、武器の名前も英単語を元にした感じのオロミドロ要素が無い水属性特化武器だったんだ。

亜種は恐らく火属性になるのかな。競合相手はレウス武器とかジャナフ武器。属性のレウスと物理のジャナフって感じだったけど、原種のイメージからするとレウス武器がバランス型に移行して、こっちが属性特化武器、って位置付けになるのかな。

サンブレはリリースと同時に武器調整が入ることが明言されてるから、属性武器に活路が見いだせるなら使いやすい武器になるかも知れないね。

爵銀龍メル・ゼナ

王域三公のボスで看板モンスターのメル・ゼナには更なる新要素が発表されたんだ。

それは、「劫血やられ」って状態異常なんだ。メル・ゼナの一部攻撃で発症して、体力の自然回復が無くなったり、火やられみたいに体力が減り続けたり、回復アイテムの回復量も減少するみたい。

でも、逆にモンスターに攻撃を当てると体力が回復したりすることも発表されてるんだ。生命力の駆け引きに打ち克つことが大切って言われてる。簡単に考えると制限付きの回復カスタム、って捉えられるんじゃないかな。

ざるたんは「モンスターに付与された状態異常を攻撃することで克服する」って流れで狂竜化を思い出したんだ。あんまりいい思い出がないけどね。

防具に「攻撃時に体力回復」ってスキルが付いたとしたら、人気装備になりそうな気がするし、「モンスターが怒り移行時に劫血やられを発症」って効果だったら、使い方が解ってないハンターさんが失血死する未来がみえる。

ハンターさんのアクション

我らがハンターさんのアクションも追加されることが発表されてるんだ。

どんどんハンターさんが人間のフリをしなくなってしまってざるたんは悲しい。

疾替え

席替えみたいな乗りで言われてちょっとびっくりしたのが「疾替え」なんだ。

疾替えでは、あらかじめ設定した2セットの入れ替え技を入れ替えることが出来るんだ。これを使うと、例えば太刀の桜花→兜割ってコンボが可能になったりするみたいなんだ。

この技自体に翔蟲を消費するのかどうかはわからないけど、実戦の中で入れ替えられたとしても、翔蟲消費の大きい技同士は連携させられないんじゃないかな。

ただ、サンブレでは各武器の鉄蟲糸技が追加されることが発表されてるから、それらを組み合わせて使うことで、ライズとは違った連携パターンも構築出来ると思うんだ。それは純粋に楽しみなんだ。

懸念事項は操作系統が複雑化することなんだ。ライズは難易度も低くて、爽快感を売りにするバランスになってたと思うんだけど、サンブレで難易度が跳ね上がったり、操作が複雑になることで全くの別ゲームになっちゃうと、シリーズを新規に遊び始めたプレイヤーは楽しめなくなっちゃうんじゃないかな。そこが心配。

先駆け

「え?あの重い太刀を指3本で!?」

先駆けはさっきの疾替え後に派生出来るアクションで、見た感じ360度どの方向にでも出せそうな感じがしたんだ。移動技ってことだけど、無敵フレームがありそうなモーションではあるんだ。

でも、モーションキャンセルとか先駆けを組み込んだ派生が主力になると懸念点もある。この技を使うということは、鉄蟲糸技をはじめとした入れ替え技を入れ替えることになるんだ。

出来るとは思うけど、疾替えの書【朱】と疾替えの書【蒼】の両方に同じ技をセット出来た場合、この技を目的にするとどっちも同じ技で固定するのが最適解みたいになる可能性がある。そうなると入れ替え技を入れ替えながら戦える仕様が機能しなくなっちゃうよね。

逆に同じ技をセットできない場合、常に強力なムーブをするために、この技を封印することになるんじゃないかと思うんだ。特に、地裂斬を常に使い続けないといけないガンスとかね。

どちらにせよ、入れ替え技を戦闘中に入れ替えられるのは面白いけど、現在どっちの入れ替え技がチョイスされてるか、って状況を常に把握しておく必要があるから、初心者には厳しいことになりそうな気がするんだ。

まぁ、現状ヘビィとかライトは入れ替え技とか鉄蟲糸技を多用する環境じゃないから、あんまり変わらないのかも知れないけどね。続報として、追加鉄蟲糸技はちょくちょく発表されるみたいだから、気になったら確認してみるとよいよ。

盟友クエスト

ソロ専用の追加要素として発表されたのが盟友クエストなんだ。簡単に言うとNPCキャラをオトモとして戦場に連れて行くことが出来るシステムっぽいんだ。

盟友はストーリー中の登場キャラから選出されてて、それぞれに得意武器があるみたい。ヒノエ姉さまなら弓、ミノトならランス、って感じ。ムービーを見ると複数人連れていけることもありそうな感じだったんだ。

カムラの里からは現在発表されてる以外にも参戦するみたいだから、フゲンと狩りに行けるかも知れないし、「上位ハンターアヤメ」が「マスターランクハンター超アヤメ」とかに進化するかも知れない。幸い太刀枠もライト枠も空いてるよい。

個人的には鬼人化で人格まで変わる双剣ハナモリとか、操竜蓄積が得意な虫棒ハネナガとかが見たいけど、実際は優雅に笛を吹いたり大剣を振り回すロンディーネちゃんとかなのかな。続報に期待。

猟具生物

放送外で猟具生物もしれっと追加されてるんだ。

イロヅキムシ

数匹の群れで行動する虫で、表面が属性によって変化する反応装甲でおおわれてるみたい。モンスターをぶつけるとモンスターにだけダメージが入るっぽいんだ。

溶岩洞の壁ドンギミックをどこでも発動出来るイメージなのかな。上手く使えればいいけど、空気になりそうな予感がしているよ。

クイツキガマ

城塞高地に生息してるカエルさん。舌が吸盤になってて木とか壁とかモンスターにはっ付くみたい。

衝撃を受けると、体が膨らんで限界を迎えると強酸性の胃液を放って大型モンスターをひるませるらしいんだ。

ヒット数でダメージが入ったりひるむんだったら双剣の鉄蟲斬糸みたいな感じになるのかな。確定でひるむんだったら、戦術に取り入れられそうだけど、投げつけてから斬裂弾を速射する未来だけが見える。

ざるたんの考察コーナー

今回の発表でも追加モンスターとか追加アクションとかが発表されたんだ。ざるたんはその中でも追加コンテンツの容量に注目してるんだ。

Switch版を例に取ると、Ver3.9.1のライズはアプリケーション本体が約6.5GB・更新データが約3.9GBの合計10.5GBの容量があるんだ。追加コンテンツに関してはDLCの状況によって変わるかも知れないけど、こんなもん。

Steam版は20GBいかない位の容量なんだ。

ここでサンブレイクに必要な容量を見てくと、Switch版で13GB、Steam版で36GBってなってるんだ。Steam版は本体と併せた容量になってそうだけど、どっちも元の倍位の容量が必要になってるんだ。

一番容量を食いそうなフィールドは、今のところ城塞高地だけが発表されてて、まあ、決戦場系のフィールドとか、拠点フィールドとか、超大型系がいくつか追加されるとは思うけど、倍にはならないんじゃないかと思うんだよね。

ストーリーが倍になってると考えると、その分の容量は食うと思うんだけど、単純に考えて根底部分は既に作られてるわけだから、追加要素がSwitch13GB・Steam16GBって考えるとかなりの要素が追加になりそうなんだ。

10.5GBであれだけのフィールド数を詰め込んでるんだから、あと増やす要素と言ったらモンスターや装備なんじゃないかと期待出来るんじゃないかな。まぁ、大量のムービー化も知れないけど。琵琶法師さん活躍するのかな。

仮にモンスター数が倍になるとしたら、かなり期待しちゃうよね。

モンスターの数

モンハンライズの大型モンスターは全部で46種類なんだ。ただし、特殊個体に当たるヌシモンスターが6種類いるから、実質40種類って考えらえる。装備もないしね。

ちなみに新規大型モンスターはヌシを除くと、オサイズチ・アケノシルム・ビシュテンゴ・ゴシャハギ・イソネミクニ・マガイマガド・ヤツカダキ・イブシマキヒコ・ナルハタタヒメ・百竜の淵源ナルハタタヒメの10種なんだ。

まぁ、イブシマナルハタ淵ハタは別に考えると通常種で7種ってことになるんだ。

サンブレイクで現在発表されてる新規モンスターは、メル・ゼナ・ガランゴルム・ルナガロン・ビシュテンゴ亜種・イソネミクニ亜種・溶翁竜オロミドロ亜種の6種。多分真の大型古龍系ボスは居ると思うんだけど、いいペースなんじゃないかな。

あとは、ライズモンスターについては亜種が発表されてるんだ。既存モンスターの亜種は今のところ発表されてないんだけど、これらが追加されれば、容量の割にモンスターが多い、って状況になると思うんだ。

亜種での数稼ぎには賛否両論あるけど、ざるたんは肯定派なんだ。

MHP2位までの亜種はちょっと行動が速かったり、色と弱点属性が違うこと位が特徴で、亜種ならではの行動って言うのをあんまり取らなかったんだけど、近作、直近だとMHW(:IB)の亜種は独自の行動を取るようになってるから、ただの色違い感はないんだよね、

そして、装備についても種類は増えた方が良いと思うんだ。ライズ本編では装備を組み合わせて使う時にも、選択肢の幅が狭くて、結局カイザー頭とか、ジャナフ腰とか、インゴット脚とかを多用することになっちゃってたんだ。

だから、亜種モンスターでも良いから、防具が増えることで選択肢の幅が広がるのはとってもよいと思うんだ。

武器調整

現在のライズでは環境的に物理攻撃力のインフレに属性攻撃力が追いつけていない状況になってるんだ。だから、手数が多い武器種でも無属性で物理性能が高い武器が多く採用されてるんだ。

高モーション値の技とか、物理火力を上げるスキルはあるけど、属性補正が大きくプラスになる技とか、属性攻撃力を大きく上げるスキルは無いんだよね。

ざるたんの予想では、この部分にもある程度調整が入るんじゃないかと思ってるんだ。現状空気の会心撃【属性】の倍率が上がったり、属性攻撃強化スキルの効果が上昇したり、って言うのが考えられるんだ。

本当は既存武器を含めた属性値の見直しとか、モンスターの属性肉質の見直しとかもやって欲しいところではあるんだけど、それは厳しいのかな、って思ってる。

ただ、属性武器で攻撃したら、モンスターが属性やられになる、って仕様は採用して欲しい。水属性武器がアップを始めると思う。

ライズは徹甲榴弾による簡単拘束が猛威を振るった作品でもあると思うんだ。適当に撃ってるだけでも、低PSでも問題なく狩猟出来ちゃうんだよね。スタン値と威力に修正が入って、あくまでもサブ弾の1種、って位にはなって欲しかったりするんだ。

ざるたんの良く外れる武器調整予想(願望)なんかを表にまとめてみた。

修正予想修正点
大剣基本的にはそのままなんじゃないかな。
太刀居合抜刀気刃が弱体化されるんじゃないかな。
片手剣基本的にはそのままで、属性武器が強化されればって感じかな。
双剣空舞は弱体、乱舞・突進連斬が強化とかかな。
ハンマーインパクトクレーター一択の状況が修正されるといいね。
狩猟笛あんまり手を入れて来なさそうな気がする。
ランス流転弱体は来るかな。通常攻撃とガード性能を強化して欲しい。
ガンス強化されてもそれはそれでらしくない、そんな武器種。
スラアクHAのダメージ軽減率は強化されないと厳しいよね。
チャアクビン爆発が当たるように、強属性ビンが強化されれば・・・。
操虫棍恵まれてないのは武器そのものだよね。
ライト斬裂とか徹甲が弱体化されれば相対的に弱体化するかな。
ヘビィライトと同じくな感じかな。
狂った火力を下方修正した方がよいと思う武器種。

ロビー・コネクトの機能

現状、ライズではロビーの機能とかコネクトとか使い勝手については疑問が残るポイントが多いんだ。これは続報を待つしかないんだけど、なんらかの調整が入ってくれることを願ってるんだ。

改善して欲しいところは長くなっちゃうし、趣旨からズレちゃうから別記事とかにまとめてこうと思うよ。

最後に

今回は2022年5月10日に放送されたスペシャルプログラムとか公式ホームページのアップデート情報を元にあれこれ言ってく記事だったんだ。

方々の攻略サイトではもう追加モンスターの攻略情報がページ化されてたりしてビックリしてるんだ。当然、全項目調査中だったりするんだけどね。ライズ本編の攻略情報もちょっと検証すれば解る誤記が多かったりして信用度は低いのかなとか思っているよ。

ざるたんは、サンブレイクでも細々と役に立ちそうな情報とか、後で自分で見返して確認したいこととかを検証とかしながら記事にしてこうと思ってるから、今後ともよろしくお願いするんだ。

そんな感じ。

POSTED COMMENT

  1. アイロ より:

    投稿お疲れ様です!
    チェックするのが遅くなってしまいました(汗)
    ちょうど今、ダブルクロスをやり始めていて、レギオス棍にはお世話になっているので、セルレギオス参戦は楽しみです(^^)

    ダブルクロスやってみて、改めて色んな武器を作る楽しみって重要だな〜と気付かされましたね。
    まぁ、自分の持ち武器が操虫棍だから期待はしていませんがw

    • zaltan より:

      アイロさん

      コメントありがとうございます!!
      お時間ある時に遊びに来ていただければ、それだけで十分に嬉しいですー。

      セルレギオスは上位駆け抜け武器として多用してました。
      ただ、特殊性能は回避をあんまりしない武器種だと活きて来ないんですよね。ガード武器楽さと引き換えに残念ずくめです(笑)。

      私は今ライズでサブキャラを作って遊んでますが、HR100までは無属性太刀とライトばっかり使ってしまってます・・・。
      モンハンには色んな武器を作る楽しさがありますが、最適解を求めてしまうのもまたモンハンですよね。

  2. ライノス井上 より:

    更新お疲れさまです!( ^ω^)

    新モンスターは亜種でもなんでもどんどん出してほしいですねぇ。
    装備の幅も広がって、原種で空気だったモンスターとも戦う楽しみが増えますし。
    …ただ…オロミドロ……亜種…うっあたまが

    属性武器で属性やられ、いいですね(*´з`)
    属性武器を担ぐ意味も出てきますし、現状、コロガシ虫と大型同士の攻撃だけで発動ではもったいないシステムだと思います(;´Д`)

    • zaltan より:

      ライノース!!

      コメントありがとうございます!!(大声)

      オロミド亜種には今から戦慄しておこうかと・・・。

      実は、属性武器で属性やられはずっと前からあったらいいな、とか言っているのです。
      予想をよく外すから全然参考にならないんだけど、当たってたら嬉しいな、的な感じです。

      またコメント残してくれたらとっても嬉しいのです。

      むりするなよ。
      ガチャン ツーツーツー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。