MHRise

【MHRise解説】片手剣の鉄蟲糸技・入れ替え技を使いこなそ

こんにちはざるたんですよい。

みんな色んな武器を使って楽しんでるのかな。ざるたんは勲章コンプ後の燃え尽き症候群に悩みながら、毎日ちまちま色んな武器で遊んでるよ。

今回は、各武器種の鉄蟲糸技と入れ替え技とかの有効な使い方なんかを考えてくシリーズの3弾として、片手剣の鉄蟲糸技とか入れ替え技についていろいろ考えたりしてく記事になるんだ。

片手剣は属性武器を使っても楽しいし、いろいろな楽しみ方が出来るんだけど、入れ替え技とかを弄るだけで更に楽しみ方が広がるんだ。

片手剣の基本的な使い方

片手剣と言えば、長年初心者用武器として使われ続けてきたんだけど、ある時から徐々に操作が忙しくて、火力を出すには忙しい上級者用の武器、って位置付けにシフトしていったんだ。

ライズでも初心者武器という趣は全くなくて、バックステップとか各種駆け上がり斬り派生の無敵時間を使った回避とか、盾で殴るのか剣で斬るのかの判断とか、細かい隙に1~2発ずつでも攻撃を挟めるかとか、いろいろな状況判断を求められる上級者向けの武器種になってるんだ。

以前は武器種の斬れ味に片手補正とかいうぶっ壊れた補正が入ってたから、見た目よりも高火力だったし、絶一門なんて言うバランスブレイカーもあったりしたんだけど、ライズでは一切の補正は無いし、武器も大人しいし、前作MHW:IBで貰った必殺技のジャストラッシュも弱体化されちゃったんだ。

引き換えに高モーション値の旋刈りとか穿ち斬りを貰えたから、いろいろな技を使いながら立ち回る楽しさはあるんだ。

片手剣の鉄蟲糸技

他の武器種同様に、まずは入れ替え出来ない方の鉄蟲糸技を見てく。

飛影

飛影は「とびかげ」って読むらしい。「ひえい」って読んでた・・・。

納刀時のZL+Xで出せる前方に翔蟲ジャンプをするのと似た軌道でジャンプ攻撃をする技なんだ。この技をモンスターに当てると駆け上がり斬りに派生して、空中からフォールバッシュをはじめとした攻撃に派生出来るんだ。

さっきもちょっと触れたけど、駆け上がり斬りには無敵時間が設定されてて、ヒット後に高度が上がるから、双剣の空舞みたいにモンスターの攻撃に対して向かっていくような使い方も出来るんだ。

ちなみに、ジャンプの頂点付近でも短い無敵時間が付いてるんだ。こっちは単体ではあんまり活かせることは無いんだけど、ジャンプの頂点で駆け上がり斬りに派生出来れば、無敵時間が連続して非常に長い無敵時間が得られるから、覚えておくとよいよ。

あと、空振っちゃっても、空中でX+Aの落下突きに派生して真下に降りることが出来るから、これも覚えておくと無駄にすっ飛んでくことが無くなるんだ。

必要な翔蟲は1匹で、クールタイムも6秒と納刀時の疾駆けと一緒で、かなりの頻度で繰り出すことが出来るのが大きな特徴なんだ。2ヒットのフォールバッシュに派生出来るから、地面付近にしか攻撃判定が無い攻撃に向かって突っ込んでスタンを狙うような使い方も出来るんだ。

本体自体は攻撃性能が低いんだけど、2ヒットのフォールバッシュに無敵状態から繋げるからゲージ消費の割に超優秀な技、って立ち位置になるんだ。使いこなせるようにしとこ。

片手剣の入れ替え技:1枠目

片手剣の入れ替え1枠目は、スティック入力A攻撃の入れ替え枠。スタン値蓄積と斬れ味効率に優れるハードバッシュ連携と、最終段が剣を使った攻撃で属性を通しやすくてモーション値も高い穿ち斬り連携との入れ替えなんだ。

どっちにも強みがあって、使いやすい連携になってるから、結構悩ましいところなんだ。

ハードバッシュ連携

まずは初期状態にもなってるハードバッシュ連携なんだ。スティックを入れながらAボタンを押していくことで盾攻撃→バックナックル→ハードバッシュの3連撃になる。振りが速くてスタン値も蓄積出来るから頭を狙ってどんどん入れていきたいコンボなんだよね。

3連撃後にX+Aで高威力の旋刈りに派生出来て、ハードバッシュ連携→旋刈りコンボのことを「バッ旋(バッセン)」なんて呼んだりするんだ。バッ旋では最終段の旋刈り以外が盾攻撃だから、斬れ味は1しか消費しない割りにそれなりのダメージが入れられるから、斬れ味効率がとってもよいんだ。

実際にはダメージ効率自体は通常の剣コンボ→旋刈りの方が高いし、盾攻撃には属性が乗らないから、属性武器を使うときには更に差が開いちゃうんだよね。

片手剣でスタンを狙っていくときには必須だけど、スタン中とかの火力を出して行きたいときや、ハイニンジャソードを鈍器運用するような時には剣コンボと使い分けることが重要なんだ。

弱点は密着しないと当たらないリーチの短さと、3連携の最後ハードバッシュを当てないとダメージもスタン値も小さいところかな。

次段への受付時間が振りの小ささの割に長いから、ちょっとディレイ気味に繋ぎながら、モンスターの攻撃をバックステップで回避するような使い方もしやすいし、細かい隙に差し込みやすい連携なんだ。

穿ち斬り連携

こっちは初段だけ盾で殴ってから、2段目で剣を突きさして、3段目で引き抜く感じになる穿ち斬り連携なんだ。説明文には属性を活かしやすいって書かれてるんだけど、3段目は3ヒットする代わりに初弾以外の属性にマイナス補正がかかるから、結果として属性効率では剣コンボ(水平斬り連携)に勝てないんだ。

コンボに掛かる時間はハードバッシュよりも長いけど、与えるダメージはこっちの方が大きいし、ダメージ効率はハードバッシュ連携や水平斬り連携以上になるんだ。

弱点は、斬れ味消費とコンボが長くなるところ。

特に問題なのがコンボが長くなる方で、3段目の穿ち斬りは結構な時間拘束されるんだ。その間はバックステップに派生出来ないし、ハードバッシュ連携なら旋刈りに繋げるタイミングでも退避を優先しないと次の攻撃を避け切れなくなったりするんだよね。

ただ、拘束中の弱点部位に攻撃する前提ならダメージ効率はとってもいいし、使える連携になるんだ。

片手剣の入れ替え技:2枠目

入れ替え2枠目は、武器出しや、抜刀状態のX+A攻撃、バックステップ後の溜め無し攻撃の入れ替え枠なんだ。前進しながら攻撃する突進斬りと、スライディングしながら攻撃する滑り込み斬りの入れ替えが出来るんだ。

突進斬り

低モーション値ながら、コンボの始動技として可もなく不可もないのが突進斬りなんだ。

突進斬りからは、斬り下ろしを挟んでXの通常連携、スティックニュートラル+Aの剣連携(水平斬り連携)、スティック入れ+Aのハードバッシュ・穿ち斬り連携に派生出来るし、スティック後ろ+Aで直接バックステップにも派生出来るんだ。

ざるたんは、使いやすさを考えるなら、この枠は突進斬りで問題ないと思ってるんだ。

滑り込み斬り

使い方が非常に難しいけど、かなりトリッキーな動作が出来て見た目にも面白いのがこっちの滑り込み斬りなんだ。

滑り込み斬りは2段階に分かれてる技で、出した直後にモンスターにヒットさせると駆け上がり斬りに派生して、そこから1ヒットのフォールバッシュやジャンプ斬りに派生出来るんだ。駆け上がり斬りには無敵時間があるから、判定の短い攻撃に突っ込んで使ったりして、強引にフォールバッシュを当てたりすることが出来るんだ。

滑り込みから立ち上がりながらなぎ払いが出るのが2段階目で、ここからは突進斬りと同じ派生パターンで派生出来る。ただ、スライディングで結構な距離を移動しちゃうし、元々リーチの短い武器だから、狙ったところに当てづらいんだよね。

2段目に移行する前にAを押すと、小ジャンプ攻撃の斬り上げに派生出来るんだ。高度が無いからフォールバッシュは出せないけど、ジャンプ斬りに派生出来るんだ。

どう?複雑でしょ?

正直なところ、当てづらさを考えたら小回りの利く突進斬りの方が使いやすいし、駆け上がり斬り→フォールバッシュ派生を狙ってくなら、飛影を使って2ヒットのフォールバッシュを出した方がいいし、って感じで使いどころが難しい入れ替え技なんだ。

片手剣の入れ替え技:3枠目

3枠目は、なにを思ったか突然剣に糸を括り付けて振り回す風車と、カウンター技の滅・昇竜撃の入れ替え枠なんだ。

ここも立ち回りが大きく変わる入れ替え枠になってるんだ。

風車

風車は「かざぐるま」って読む、「ふうしゃ」じゃない。

急に武器に糸を巻いて振り回し始める技で、最大7ヒットするんだ。技の始動から5ヒット目手前位までの長すぎる無敵時間があるのが最大の特徴なんだ。

使用には翔蟲が2匹必要で、1匹あたり10秒位のクールタイムが必要になるんだ。

使いどころは、長い長い無敵時間を使って、一方的に攻撃続けるタイミング位かな。連続ヒット攻撃のご多分に漏れず、属性ダメージに強烈な減算補正があるから、ダメージ面を考えれば、普通にバックステップからの剣連携とか飛影からの連携を入れた方がよい、って感じの若干残念な技なんだ。

大型モンスターのダウン中に群がって来る小型モンスターごと攻撃出来る、ってメリットもあるんだけど、斬れ味が恐ろしい速さで消えていくし、クールタイムもそんなに短くないから連発は出来ないんだ。

滅・昇竜撃

発動すると、前方に盾を構えてから、盾を前に突き出して上空に飛び上がりながら盾アッパーを入れる技なんだ。CAPCOMさんにかかるとハンターさんもロックマンも昇竜拳を放つんだ。

盾を前に突き出してる間にはガードポイント(GP)があって、GP中にガードが成功するとヒット数が3増えて、それに伴って威力とスタン値が跳ね上がるんだ。さらに伝統の上昇中無敵まで付いてくるんだ。そして、上昇後には2ヒットのフォールバッシュや落下突きに派生出来るんだ。

ただ、このGPは発動直後で盾を構えるまでは存在しないし、ガード可能範囲も狭いから、ちょっと速めに正確な角度調整をして出す必要があるんだ。

この技は開幕咆哮や怒り咆哮時に確定で当てることが出来る技で、開幕咆哮時ならGP成功を頭に当てれば1発スタンがほぼ確定するほどスタン値が高いんだ。

でも、開幕咆哮昇竜スタンを狙いたい気持ちは解るけど、一人で先行して、他メンバーが集まるまでにスタンを取っちゃだめなんだ。そんな時は、怒り移行咆哮スタンを狙っていくんだ。

あとは地味な要素だけど、GP中は削りダメージは受けるけど、威力値によって中断されたり、攻撃が遅れることが無いのも凄く優秀なんだ。

ちなみに翔蟲は2匹必要で、1匹あたり13秒程度のクールタイムがあるから、連発はとてもじゃないけど出来ないんだ。確実に当てられる状況だけで使って、あとは受け身とか飛影用に温存しておきたいところなんだ。

寝てるモンスターとかの顔面近くで爆弾を炸裂させて、その爆風をGPで受ける大タル昇竜、って技もあるんだ。ソロでは非常に有用なんだけど、マルチでは誰かしら巻き込む可能性があるから事前に相談しておくんだ。

組み合わせ運用例

ここからは、ざるたんが片手剣を担ぐときに使ってる入れ替え技の組み合わせを紹介してくんだ。

片手剣は立ち回り上の必須スキルが無いのが特徴で、他の武器種よりも攻撃系のスキルを盛りやすいんだ。

とは言っても元々のダメージ量は小さい武器だし、細かい隙に攻撃を差し込んで行かないとダメージを稼ぐことが出来ないんだ。拘束中の火力に関しては全武器でも最下位クラスで、通常時にしっかりと攻撃を入れていく立ち回りが必要になってくるんだ。

メインの火力はハードバッシュ・穿ち斬り・水平斬り連携で、コンボ最終段から旋刈りに派生して確実に当ててく必要があるんだよね。強引にジャストラッシュに行ってもまず成功しないし、そもそもジャストラッシュは前作から大幅にDPSが下がってるから、そこまで有効じゃない、挙句の果てには最終段の当たり判定が爪楊枝位しかないから、せっかく出し切っても当たらないことも少なくないんだ。

1.ハードバッシュ連携・突進斬り・滅・昇竜撃

ざるたんが最も使いやすいと思う組み合わせがこれなんだ。

ハードバッシュでスタンを狙いに行ったり、水平斬り連携で属性火力も含めた火力を出しに行ったり、滅・昇竜撃で大ダメージを狙っていったりする構成なんだ。

小さい隙にもちょっとずつ攻撃を挟んで、大きい隙には確実に旋刈りまで繋ぐことを意識すれば火力面もかなり貢献できると思うんだ。キモはディレイをかけてからのバックステップで、これでピョンピョン回避出来るようになるととっても楽しくなってくるんだ。

2.穿ち斬り連携・突進斬り・風車

前述のとおり、片手剣は拘束中の火力が最低クラスなんだ。つまり、徹甲パーティーでの火力貢献度が非常に低くなりがちなんだよね。

それを補うのがこの構成なんだ。

ダウン中のモンスターには穿ち斬り連携→旋刈り→バックステップ→穿ち斬り連携って感じのループコンボを入れてく。弱点属性をしっかりついた武器を使えば、他武器種に迫る火力を出すことが出来るんだ。

穿ち斬り連携→旋刈りはディレイがほとんどかからないので、先行入力気味にコマンド入力すると失敗が少ないと思う。視界不良が凄まじくて穿ち→旋が失敗する時には諦めてジャストラッシュを使うんだ。振動を頼りに目押ししてこ。

風車を採用してる理由は、徹甲ガンさんのスタン蓄積計算をズラさないように配慮してるのと、緊急回避用、って感じなんだ。実際には全然使わないことが多いんだ。

最後に

今回は片手剣の鉄蟲糸技とか入れ替え技を見てきたんだ。

他のいくつかの武器種もそうだけど、片手剣は入れ替え技の内、どっちかが優秀でもう片方を使うことがあんまりない武器種、ってなっちゃうのかな。

HB連携と穿ち連携はいいバランスで仕上がってるから、相手やパーティーの状況によっては入れ替えて使うと楽しいと思うんだ。鉄蟲糸技の飛影も滅・昇竜撃の陰に隠れて地味だけど、無敵時間があるし、距離を詰めながらフォールバッシュに繋げられるからどんどん使ってくのがよいよ。消費も軽いしね。

そんな感じ。

POSTED COMMENT

  1. アイロ より:

    投稿お疲れ様です!

    実は私のサブ武器としてけっこう使ってるのが片手剣なんですが…
    本当に奥が深くて使いこなせないんですよね…
    「これやっとけ」っていうのがないというか、型がないというか…色々なスタイルの人を見かけるので、そういう意味でも楽しめる武器ですよね。

    自分が持ってるギルカの範囲での話ですが、太刀に次いで片手だけ使い込んでる人って多いので、職人さんの武器って印象です(^^)

    • zaltan より:

      アイロさん

      片手剣、使ってて楽しいですよね。
      状況とかPT構成によってやることが変わるのがまた楽しいです。

      結構1種の武器専門の方っていらっしゃいますよね。
      太刀は確かに多いですが、片手の方はまだお会いしたことがないです。あってみたいです(笑)。

      立ち回りに幅があって飽きない武器でよいですよね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。