MHRise

【MHR:S解説】こんなに変わった!サンブレイク太刀の使い方

こんにちは、全武器がそれなりに使えるように日々修練してるざるたんですよい。

サンブレイクでは、全武器種にライズ本編のモーションに加えて入れ替え技を使った複数のモーションが追加になったんだ。

その新モーションが武器種ごとにさまざまで、強いモーションが追加された武器種とか、変わり種のモーションが追加された武器種とかいろいろあるんだ。

今回紹介する太刀も、サンブレイクで大きく変わった武器種だから、新しい使い方について考えていこうと思うんだ。

れっつゴゴゴ。

サンブレイク太刀

ライズ本編では圧倒的な人気武器種だった太刀。スタイリッシュだから元から人気だったんだけど、カウンターを取りまくって、必殺技を撃ちまくれるお手軽高火力さが人気で、所謂強武器だったから人気だった、っていう面もあるんだ。

ライズ本編での太刀は、居合抜刀気刃斬りでゲージの色段階をアップして、黄色→赤まで上がったら、居合のモーションから直接飛翔蹴りに派生、そのまま気刃兜割を叩きこむ、ってループが強かったんだ。

それこそ、翔蟲が尽きるまではずっとその繰り返しで高火力を出すことが出来たんだよね。

でも、Ver10アップデートで、居合抜刀気刃斬りと気刃兜割の両方が弱体化されて、飛翔蹴りに関しては翔蟲のクールタイムも延長、おまけに色段階による攻撃力補正も低下、って感じで結構散々な感じなんだ。

まぁ、元が簡単に火力が出せる割に強すぎた、ってことなんだけど、これによって太刀人口は一気に減少したんだ。操作に不慣れなチャアクさんとかガンスさんってもしかしたら・・・。

ライズ戦法は通用するのか

先ほど紹介した、居合抜刀気刃→気刃兜割のループがライズ本編での基本的なムーブなんだけど、サンブレイクでもこのムーブが通用するのか、って考えてく。

結論から言うと、派生も変更はないしカウンター判定も変わらないから、サンブレイクでも通用する。通用はするんだけど、火力面はかなり残念なことになってるんだ。MR武器を使って同じことしても、Ver3.9までの上位武器位しか火力が出ないんだ。

従って、強ムーブではない、って感じになってくるんだよね。

じゃあ、基本ムーブが弱体化されたから、単なる弱武器になったのか、って言われると全然そんなことはないんだ。

入れ替え技考察

サンブレイクで入れ替え技のレパートリーが増えたことだし、全く別の動きが出来るようになったから、ここからはざるたんが実際に使用してる入れ替え技セットを元に解説していくんだ。

最優先で考えてるのは当てやすさ、とか隙の少なさとか、快適性を優先するセットにする、ってことで、もっと火力の出せる組み合わせはあると思うから、これを参考に自分なりの組み合わせを見つけていくのも良いと思うんだ。

【朱】セット

朱セットはこんな感じなんだ。

メインで使ってるセットで、サンブレイク用に一から組んだセットになってるんだ。

新技の威合と剛・気刃斬りで錬気ゲージの色段階を上げて、居合派生の気刃解放斬りを当ててく運用がメインになってるんだ。水月の構えは一応セットしてるけど、全然使ってない。

威合は特殊納刀との入れ替えで、コンボ中にZR+Bを押しっぱなしにするとゆっくり納刀をするんだ。この納刀中にダメージ判定に触れると自動的にカウンターが発動する。この時に錬気ゲージの色段階が1段階落ちるんだ。これは失敗例。

ダメージ判定に触れるちょっと前にZRボタンを離すと、判定消滅カウンター判定のある抜刀攻撃をして、カウンターに成功すると気刃コンボの最終段に直接派生出来るんだ。つまり、ゲージの色を一段階上げられる。これがカウンターとして使う場合の成功例。

ZRボタンを押しっぱなしにし続けると納刀動作が終了して、そのまま力を溜め始めるんだ。この状態になると錬気ゲージの色段階が時間経過で落ちてくんだけど、ZRを離したときまでに落とした色によって強力な気刃解放斬りを繰り出すことが出来るんだ。

赤ゲージから無色まで3段階消費して繰り出す気刃解放斬りは超強力で、大剣の真溜めコンボみたいな火力が出せるんだよね。一部ではアルティメット気刃斬り、って呼ばれてる。しかも気刃解放斬りには出はじめから技の終わりまでHAが付くんだ。攻撃中のモンスターにでも強引に当てていけるのが強みなんだよね。

ただ、錬気ゲージの色を全部使い果たして得られる火力としては、どうなんだろね、って言うのがざるたんの評価。振り回したり跳んだりするから、弱点フルヒットは難しいし、大剣はゲージの消費もなくこれ以上の火力が出せる、って考えると微妙性能なのかな、とかも思う。楽しいけど。

剛・気刃斬りはざるたん的には太刀の主力技だと思ってる。翔蟲消費が軽くてすぐに回復するから連発出来るんだよね。

発動すると、光りながら判定消失カウンター判定のある縦斬りを放つんだ。この縦斬りのカウンター判定が発動すると、攻撃が当たっても当たらなくても錬気ゲージの色が1段階上がる。そう、あたらなくても上がる。これ大切。しかも当てれば錬気ゲージ自体もある程度溜まるんだ。

そして、剛・気刃斬りは気刃斬りコンボの途中に差し込むことも出来るんだ。この場合、気刃コンボは継続する。

例えば、武器出し気刃斬りI→気刃斬りII→剛・気刃斬り→気刃斬りIII→剛・気刃斬り気刃大回転斬り、って連携をカウンター成功させながら繰り出せば、赤字のところでゲージが上がって、一気に3段階ゲージの色を上げられるんだ。無色→赤ってことだね。

当たらなくてもゲージが上がる特徴を活かして、ブレスに対して斬りかかったりするのもありなんだ。こんな運用をしても、翔蟲の回復が早いから問題ないんだよね。強い。気刃斬りコンボの火力も上がってるから、ゲージを溜めながらバカにならない火力が出せるんだ。

【蒼】セット

メインでは【朱】セットを使ってるんだけど、サブで入れ替えるためのセットが【蒼】セットなんだ。戦闘中にはずっと【朱】だったりするから、こまめに入れ替えるような使い方はしないよ。

主な使い道は桜花鉄蟲気刃斬を出すためで、ゲージが無い状態でモンスターがダウンしちゃった場合に、桜花を連発して強引にゲージを溜める時に使うんだ。例によって水月は使わないし、特殊納刀からのカウンターに使うこともない。

ただ、【朱】に戻す前に居合二連を使ってゲージの自動回復を付けたりはするんだ。ただ、剛・気刃斬りのゲージ回復効果もあるから、ほんとに長いダウンがあるときにしか使わない。

桜花はクールタイムがめっちゃくちゃ長いので、連発するとその後がキッツいんだよね。ただ、ゲージの色が白でも黄色でも弱点にさえ当てればそこそこな火力が出るから、そのために使ってる感じかな。直後に【朱】に戻しちゃうことがほとんどで、【蒼】のまま戦うことはまずないよ。

使っていない入れ替え技とその理由

ここからは、どっちのセットにも入れてない入れ替え技について、その理由を添えて紹介してくんだ。

踏み込み斬り

実は現在結構悩んでる入れ替え枠がここなんだ。

普段は気刃斬りIIに直接派生出来る抜刀二連を使ってるんだけど、抜刀二連→気刃IIに繋ぐにしても、抜刀二連→突きに繋ぐにしても、納刀状態からすぐに高いところに攻撃することが出来ないんだよね。

太刀の役目()と言えば尻尾斬りで、こっちの踏み込み斬り→縦斬りって繋げば短時間に2回高いところに攻撃出来るんだ。

武器出し状態からなら入れ替え技によらず踏み込み斬りを出せるんだけど、マスターランクで更に素早くなったモンスターの尻尾側に追いつけなかったりするんだ。

抜刀二連には使いやすい納刀状態からのHAがあるし、便利なんだけど、悩ましいところなんだ。調整上手いと思う。

気刃無双斬り連携

大回転との入れ替え枠で、ライズ本編時代は火力で優れるから採用率が高かったんだけど、大回転が強化、無双斬りが弱体化、ってなったから、お好みで、って感じの枠かな。

ざるたんは、見切り斬り後とか威合後の無双斬りをよく空振るから大回転斬りを使ってるけど、剛・気刃斬りをコンボに組み込む場合とかには無双斬りを使うのも良いかもね。

飛翔蹴り

入れ替え技名は飛翔蹴りだけど、実質兜割って枠。

ライズ本編ではたくさんお世話になったんだけど、サンブレイクになってから初めて使ってみた印象は「あれ、ダメージこんなに低かったっけ?」って感じ。

居合抜刀気刃斬りの威力低下も合わせて、全然使わない技になっちゃった。翔蟲の回復も遅いし、これを使う位なら地上で武器を振り回す使い方をするかな。

ただ、威合派生の気刃解放斬りを使うと、錬気ゲージのカラーを全部持っていかれるのに対して、兜割なら1ゲージの消費で済むんだよね。燃費効率を考えたらこっちの方が低燃費だから、使って行くのも無しではないのかな。

円月

ハンターさんの周りに小さめの領域を展開して、その中では見切り斬りとか居合系とかのカウンター攻撃に追撃が発生する上、錬気ゲージが常時MAXになる、って技。

確かに領域内で攻撃をカウンター取り続ける分には有用なんだけど、それにしても翔蟲の消費が痛いし、ガンナーが居るマルチでは領域からモンスターがどっか行っちゃうから使いづらい。

ソロでも円月使用直後、ダウンしたモンスターが領域外にすっ飛んでって、泣く泣く納刀した時に使うのをやめてしまったんだ。

太刀と相性の良いスキル

ここまでは入れ替え技とかを紹介してきたんだけど、ここからは太刀のスキル構成について考えていくんだ。

ざるたんは快適性と生存能力を重視するタイプだから、他の人々みたいに火力第一って感じにはしないんだよね。太刀は優秀なカウンター技が多くて、それらを使いながら溜まったゲージで大技を放つタイプの武器種だから、ゲージの回収効率を優先していくのがよいのかな、って思ってるよ。

あと、攻撃・見切り・弱点特効・超会心の4種に関しては、基本的にどの武器種でも有効な火力スキルになりがちだから、今回のシリーズ記事では紹介しないんだ。

ざるたんが使ってる装備は↑な感じ。あんまり上手く組めてないのが悲しいけど、部位破壊さえ出来てれば体力は心配なくなるし、会心をオーバーさせることでラスボス太刀のマイナス会心を打ち消してるんだ。

納刀術

ライズ太刀と言えばこのスキル、って位には必須扱いだった納刀術。Lv.3を付けると特殊納刀がとっても早くなって、ギリギリのタイミングで納刀→カウンターが間に合うようになったんだ。

サンブレイクでは威合を頻繁に使うんだけど、ゆっくり納刀モーションの速度もとっても早くなるんだよね。

ただ、カウンターの受付時間も短くなって、早めに構えちゃうと納刀が終了してZRを離した時に気刃解放斬りが出る→HA状態で被弾しちゃうこともあるから注意なんだ。

ざるたん的には威合を使う場合でもLv.3まで積んでおいて、ギリギリで構えるのが強いと思ってるよ。気刃解放斬りを出すまでの時間も当然に短くなるしね。

更に、即座に出せるゲージアップカウンター目的なら剛・気刃斬りを使うし、構える隙があるなら気刃斬り→剛・気刃斬りを使うからあんまり影響してないんだ。ゲージが無くても見切り斬りがあるしね。

気絶耐性

気刃解放斬りをHAで無理やり押しつける場合、気絶耐性があると安心できるんだ。当然ダメージは受けちゃうんだけど、気絶→追撃→キャンプって言う最悪の事態は避けられるんだ。

渾身

太刀の攻撃にはスタミナを消費する技が無いんだ。そして、ダウンしたモンスターに定点攻撃をするときにはスタミナを気にする必要はない。つまり、大技を出すときには渾身が常に発動してるんだ。

見切りや弱特で100%会心が達成出来ない時に調整出来るから便利。納刀術のSPが振られてるベリオ装備について来たりするから、使ってみるのもよいよね。

抜刀術【技】

気刃解放斬りや威合には抜刀術が乗るから、【技】を付けておくのは良いかも知れない。ただ、【力】を付けると、気刃解放斬りの初段とかでスタンされて、肝心の3発目が外れたりするから、微妙かも。

翔蟲使い

ざるたんは積極採用してないけど、翔蟲使いLv.3があれば、桜花鉄蟲気刃斬とか飛翔蹴りみたいな翔蟲消費の重い技の回転率が上がって使いやすくなるんだ。

斬れ味ケア系スキル

太刀は他武器種と比べても手数が多めだから、斬れ味のケアスキルがあると安定するんだ。最低でも砥石高速は欲しいし、可能なら剛刃とか業物なんかを入れておくと、ここぞ、ってタイミングで斬れ味が落ちる悲しみからは解放されやすくなる。

実戦的な立ち回り

ここまでは入れ替え技とかスキル構成についてみてきたんだけど、ここからは効果的なダメージの出し方なんかを見ていこうと思うんだ。と言っても使って慣れるしかない部分があるから、通常時と拘束中に分けて簡単に紹介してくんだ。

通常時の立ち回り

最優先で考えることはゲージの色段階をいち早く上げて赤くすることなんだ。太刀の攻撃力は無色→赤で1.12倍に上昇するんだ。これを狙わない手はないよね。

ざるたん的なゲージアップ手段の主力は剛・気刃斬り。モンスターの攻撃直前に武器出し気刃斬りを入れて、攻撃のタイミングに合わせて剛・気刃斬りを発動、その後気刃コンボを継続してあわよくば大回転斬りまで持ってく、って動きが素早くゲージを溜めるのに向いてるんだ。

桜花を連発してゲージを溜める方法もあるんだけど、そっちは翔蟲の消費が激しすぎて、回復にも時間がかかるから、受け身すら取れない状態が長く続いて危ないんだ。

モンスターの攻撃によっては威合でカウンター→大回転とか、見切り斬り→大回転も合わせて使って行きたいんだけど、動きまわるモンスターの場合、肝心の大回転が外れることもあるから、剛・気刃斬りが安定かな、って思ってる。

万が一剛が外れても色段階が上がるのが大きいよね。

ゲージが赤になったら、隙の大きい攻撃とかの隙に威合納刀を完了させて、回避行動でモンスターに寄って行く→気刃解放を入れていく、って感じの動きになるんだ。気刃解放斬りは出してさえしまえばHAが付くので、体力があるなら強引に当てていける技になってるんだ。高威力だしこれをダウン中以外に何回当てられるか、って言うのが重要になってくるんだ。

ダウン中のコンボ

色段階が赤の場合にはさっさと威合納刀からの気刃解放斬り→大回転斬りを入れてダメージを出しつつ錬気ゲージを白にしてから、ゲージアップを目指すのがよいのかな。疾替えを使って桜花を1発入れてもよいよね。

ゲージが赤まで溜まっていないなら、気刃コンボとか桜花で赤を目指して起き上がりに気刃解放を当てに行くのが良さげ。

ダメージ効率を考えると錬気赤ゲージで可能な限り攻撃してから、起き上がりに解放斬りを当てるのがベストなんだけど、肝心の解放斬り3発目を外す、って言うのが一番避けたいことだから、それを当てることを一番に考えた方がよいよ。

あと、マルチプレイで小タル居合とか威合は基本的にNGと思っておいた方がいいんだ。特にダウン中は絶対にNGなんだ。小タルで仲間を飛ばして良いことはなにもないし、もし攻撃中に当ててないなら、周りのメンバーが避けてる可能性もあるんだ。ソロなら構わないんだけどマルチで使わないようにしてこ。

最後に

今回は、サンブレイクでの太刀についていろいろと考えてきたんだ。

ライズ本編では近接は太刀が圧倒的に使いやすくて強かったんだけど、サンブレイクでは他武器種とのバランスが取れたと思うんだ。

ただ、アルティメット気刃斬りを狙うだけの立ち回りじゃなくて、ゲージを溜めながらもダメージを出して行く立ち回りとか、1コンボで白→赤までゲージを溜める立ち回りとか、工夫はしていかないとかなり厳しいんだよね。テクニカル。

スキル面で見ても、必須級のスキルは納刀術位だから火力スキルも積みやすいし、快適系スキルも問題なく盛ることが出来るし、自由度が高いのが特徴なんだ。

総じて、サンブレイクでお手軽高火力、って感じではなくなったけど、カウンターを決める楽しさとか工夫しながら立ち回ったりする楽しさが増加したから、ただ弱体化されたと思って使わなくなっちゃった人もまた使ってみるとよいよ。

そんな感じ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。