MHRise

【MHR:S】Ver.10で便利・不便になったこと10選

こんにちは、カムラの里の水車小屋からエルガドの船室に引っ越したざるたんですよい。

生まれ育ったカムラの里では、百竜夜行を食べようとしてたマガイマガドとか、現況になったはた迷惑なご夫婦とかを始末して猛き炎呼ばわりされて、スターになったんだけど、水車小屋にしか住まわせて貰えなかったんだ。

ひょんなことからエルガドって言う調査拠点に引っ越すことになったんだけど、今度は停泊してる船の船室に住まされていて、なんだか普通の家が恋しくなったんだよね。

さて、今回はモンハンライズ本編から、Ver10.xやサンブレイクアップデートで便利になったことと、逆に不便になったことを5つずつ、併せて10個紹介してくんだ。ゲーム内容についてのことよりも、システム面、UI面についてがメインになってるよ。

不便になった部分は今後のアップデートで対応されたらいいな、って思ってるんだ。

それじゃれつごう。

便利になったこと

まずは便利になったことを5つ紹介してくんだ。

ライズ本編でずっと不便だったことの解消だったり、前作ワールドでは出来てたのに、出来なくなってたことの解消だったり、新たに出来るようになったことだったりを紹介してく。

護石の保護機能

待望の、って感じの追加機能が、護石の保護機能なんだ。

ライズのエンドコンテンツでもあった護石周回は、モンスターとかの素材をマカ錬金して、護石を作成する方法で進めるんだけど、装備ボックスに入るのは武器・防具と合わせて2500個までだから、それを超えないようにしないといけないんだ。

所謂、ハズレの護石は輪廻とか転生っていう名前の錬金で20個とか10個とかの単位で再抽選にかけることが出来るんだけど、ライズ本編ではこの時に再抽選する護石のリストから必要な護石とか重要な護石を外すことが出来なかったんだ。

装備マイセットに入ってる護石は警告が出てたんだけど、それ以外はどんな優秀なスキル構成の護石でも普通に錬金に回せちゃったんだよね。

Ver10のアップデートで護石を保護出来るようになったから、誤って必要な護石を溶かしてしまう事故は起こらなくなったんだ。

ちなみに、ざるたんは事故防止のためにレア7(ライズ本編で最高レア度)の護石で不要なものは錬金結果画面から直接売却して、BOX内のレア7護石は全部必要だから溶かさない、ってスタイルでプレイしてたよ。

一体今までにいくつのレア7護石を売ってきたのだろうか・・・。

でも、今は保護してないレア10は容赦なく錬金に回せるから、大分便利になったんだ。

アイテムショートカットのマイセット紐づけ

文章だと非常にわかりづらいんだけど、クエスト中のアイテムショートカットはパレット、って単位で管理されてて、それぞれのパレットに4つのショートカットを登録出来るんだ。

ショートカットは8つの動作のセットで、アイテムの使用とか弾の調合とか、ガルクに乗せて貰ったりとか、色んなことが出来るんだ。

近接武器とか弓とかだけを使う場合には、4つのショートカットセットで十分足りると思うんだけど、ボウガンを使うときには、いちいちメニューを開いてこのパレットセットを入れ替える必要があったんだよね。

どういうことかと言うと、例えば近接武器の砥石使用と、ガンナーのメイン弾の調合をどっちも右スティック上方向に登録したい場合、アイテムショートカットはそれぞれ別のメニューを使う必要があるんだ。

貫通ライトと貫通ヘビィ位なら、パレットセットは一つで済むんだけど、サンブレイクで人気の電撃貫通弾とか、LV3 散弾とか、LV2 貫通弾とか、弓の強撃ビン調合とか、って色んな用途に右スティック上を登録したい場合、パレットセットを複数登録するか、パレット内容を都度入れ替える必要があるんだ。

今回のアップデートで、アイテムマイセットとクエスト用のパレットセットが紐づけ出来るようになったから、いちいち手動でパレットセットを切り替えなくても近接と色んな種類のボウガンを使い分けることが出来るようになったんだ。

自動定型文の枠が12→18に増加した

Ver3.9までのライズ本編では行動に合わせて自動的に送信される定型文チャットは12個までしか登録出来なかったんだ。

クエスト中に手が離せないタイミングでの「よろしくお願いします」チャットだったり、クエスト終了時の「おつかれさまでした」チャットとか、操竜時とか、キャンプ補充時とか、罠・爆弾設置時とかに定型文はあると便利なんだけど、12個だと少し不足を感じたりもしてたんだよね。

Ver10からはこの枠が18に増えて、発言するタイミングも選択肢が増えてるんだ。

属性やられを狙ったり、闘技場の柵を発動したり、猟具生物それぞれに定型が設定出来るから、マルチプレイ時に自分の行動を仲間に伝えることが出来るし、最低限のコミュニケーション以外に面白おかしいことを言ったりも出来るんだ。

匠スキル使用時の斬れ味が見えるようになった

個人的にはこれはかなり便利になったと思うんだ。

斬れ味ゲージには見えてる部分と見えない部分が存在するんだけど、匠スキルで右側の見えない部分を見ながら武器を選択しないと、思わぬ強武器を見落としたりしちゃうこともあるんだ。

Ver3.9までは匠スキルをLv.5まで発動させた装備に着替えてから工房を覗いてたんだけど、Ver10からはそんなことしなくても匠で現れる斬れ味ゲージが見えるからスキル構成含めた武器の選定が楽になったんだ。

紫ゲージを出すのに必要な匠スキルのレベルが解らない場合に参考にして欲しいんだけど、基本的にマスターランク武器は斬れ味の長さが見えてる部分までで400なんだ。匠で伸びるのは最大で50って考えて、匠で現れる半分だけのゲージを目算で5等分した時にどのくらいか、って読めば大丈夫。

今後のアップデートで、多分、レア11の武器が追加されると思うんだよね。そのときにも匠で化ける武器があるかも知れないから、注目しておくんだ。

追加されると思う根拠は、スクアギル武器がクシャ武器よりも強い武器種があるから、なんだ。小型に負ける古龍、のまま終わらないとは思うんだよね。

(Steam)カメラ機能のアップグレード

これも個人的にはとっても嬉しいアップデートなんだ。

Steam版にはカメラモードに「こだわり撮影モード」って言うのがあって、ピントの調整や、背景のボケ具合とかまで調整出来るようになったんだ。ぼかし範囲を切り替えてくと、ピントが合ってるところ以外ボケボケの写真から、自然にボケた感じの写真までいろいろ取れるんだ。

ざるたんは楽しすぎてアルバムがすぐに溢れる位撮影しまくっているよ。

不便になったこと

ここまでは良くなった部分、改善された点だったり、機能が追加されて遊びやすくなった部分を紹介してきたんだけど、ここからは遊び辛くなった部分を紹介してくんだ。

アンチってわけじゃないし、全体的には満足してるけど、今後改善されたらいいなぁ、って淡い期待を持ったりしたりしてるよ。

アクションスライダーの初期位置記憶

これ、気になってる人は他にも居るのかな。

Ver3.9までは拠点用のアクションスライダーとクエスト用のアクションスライダーは、ハンターさんの居る場所が切り替わると、初期位置に戻ってたんだ。

ざるたんは、マルチプレイをするとき、拠点では基本的にクエストボードに合わせてて、クエスト中はとっさに定型チャットを飛ばせるように、チャットメニューに合わせてるんだ。

Ver3.9までは、アクションスライダーからクエストを受注して、クエストに行くと、クエスト中の初期位置はチャットメニューになってて、拠点に戻ってくると初期位置がクエストボードに戻ってたんだけど、Ver10では戻らないんだよね。

まぁ、それはそれでいいんだけど、操作ミスが発生することがあるんだ。そう、チャットメニューの1番を意図せず発言しちゃうことがあるんだよね。いきなりよろしくお願いします、って言いだす。

他の人も急によろしくお願いします、って言ってるのを見かけるから、もしかしたら同じことを思ってるのかも知れない。今はいちいち目視で確認するようにしてるけど、これを狩り中の機能に割り当ててるプレイヤーにとっては大きな問題なんじゃないかな。

せめて、初期位置は設定できるようにして欲しい。

チャット発言者のネームカラー

いきなりひとりで2連続よろしく、って言ってるんだけど、見て欲しいのは名前のカラーなんだ。↑のスタンプは白文字、↓のスタンプは赤文字で発言してる。

これは、ロビーを作らずにオフライン状態で発言したのと、ロビーを作ってオンライン状態で発言したのの違いなんだ。ここまでは別に問題ない。

マルチプレイ用のロビーでは名前リストの上方のプレイヤーから赤・青・黄色・緑色ってカラーが振られるんだ。問題はないよね。これをロビー用カラーって呼ぶことにする。

そして、マルチでのクエスト中はクエストを貼ったプレイヤーが赤色、以下受注順に青→黄色→緑色ってなる。問題ない。こっちはクエスト用カラーって呼んでみる。

クエストから拠点に帰ってくると、クエスト中の発言もロビー用のカラーで表示される。これが問題。

なにが問題なのかって言うと、今行ってきたクエストを受注したのが誰か、って言うのが解らなくなることがあるからなんだ。チャットログを遡れば「○○がクエストを受注しました」とは出てるんだけど、多頭クエとかだとログが流れちゃってるんだよね。

なぜ、誰が受注したか解らなくなるのが問題かと言うと、順番にクエ回ししてるロビーで、今のクエスト貼ったの誰?とか、次私でしたっけ?みたいなことが往々にして起こるんだ。

実はVer3.9までは、ロビーに戻って来てもクエスト中の発言はクエスト用カラーで表示されてたから、クエスト終了時の自動定型のカラーを見れば、赤ネームの人が受注してたことが解ったんだ。正直、だらだらと連戦してると誰が貼ったクエか解らなくなるから、これを頼りにしてたんだよね。

クエ回しロビー民の中には、きっと同じ思いの人は居ると思うんだ。不便になったものだよね。元に戻してくれたら嬉しいな、って思ってる。切実に。

装備マイセット登録数が少ない

これは不便になったこと、と言うか、マイセットの登録可能数はVer3.9から変わってないんだ。じゃあただの言いがかりじゃん、とか思うかもだけど、そんなことは無いんだ。

Ver10アップデートと同時に来たサンブレイクでは、属性武器に優秀なものが多く追加されたり、Ver10アップデート自体で属性値にプラスの補正がかかる攻撃モーションが増えたりして、属性武器が優遇されてる環境になってるんだ。

属性武器には通常5属性があって、モンスターの弱点によって持ち替えて戦うのが有利に戦うコツなんだけど、それぞれの属性ごとにマイセットを作る必要があるんだよね。

あとは、対策が必要な厄介なモンスターも増えたし、専用装備も複数作っておきたかったりするんだ。

マイセット登録可能数は、ライズから変わらず8×14の112個。14武器種で割ると1武器辺り8セットしか組めないんだよね。

ざるたんはまだマスターランク武器を全武器種みっちり作ったわけじゃないんだけど、14武器種全部を触るから、早くも圧迫されてきてるんだ。

特に数が多くなりがちなのが、弓装備なんだよね。5属性に加えて連射・貫通・拡散って3つのタイプがある。これだけで15種類。伏魔セットとか狂竜セットとか考えるともっと増えるよね。

大剣・ハンマー・笛・ランスあたりも属性運用が見えてきてセットが増えて来てるし、入れ替え技とかスキル構成を替えたセットも組みたかったりするから、112個じゃ全然足りないと思うんだ。

出来れば倍の224位あったらよかったんだけど、なんとか工夫して112に収めていくしかないのかな・・・。

連続で人に話しかけられない

↑の画像は、工房で話しかけた直後にもう一度話しかけようとしたときのスクショなんだ。ガルクに乗るためのサークルが表示されてるの、解るかな。

Ver3.9までは、話しかけた直後にもう一度話しかけようとすれば、ちゃんと同じ人に話しかけられたんだけど、Ver10ではクールタイムが設定されてるんだ。なんで?

これは、人間だけじゃなくて、アイテムボックスを開けようとしたときにも発動して、箱の前でガルクに乗ろうとするハンターさんを見ることになるんだ。なんで?

ボックスでアイテムを補充した直後に店で福引しようとしても、ちょっと間を空ける必要がある。

特に困るのが、黄色ウィンドウを出してる人。もっと言うとオトモ広場の出張窓口なんだよね。オトモチケットを受け取って、直後に交易船の中身を受け取ろうとすると、操作としては↓の感じになると思うんだ。

  1. Aを押してオトモチケットを受け取る
  2. もう一度Aを押して話しかける
  3. 十字キーの下を押して交易船にカーソルを合わせる
  4. Aを押して決定する

って操作をするんだ。これで実際に起きうることが↓なんだ。

  1. Aを押してオトモチケットを受け取る
  2. もう一度Aを押すけど、話しかけられない
  3. 十字キーの下を押したことでアクションスライダーが起動する
  4. チャットウィンドウが立ち上がる
  5. Aを押して「よろしくお願いします」送信

ロビーのBOX前とか出張オトモ窓口辺りで急に「よろしくお願いします」って言いだす人が居たら、原因は大体これなんだ。武器構えたり、ジェスチャーする人もこれ。

どうなんだろう、ざるたん的にはとっても不便に感じてるんだけど、逆に連続で話しかけてしまうのがストレスな人も居るのかな。Ver3.9段階に戻せるのであれば戻して欲しいし、設定で変えられるなら変えられるようにして欲しいました。

オートセーブ機能

このブログでフレンドさんからご指摘いただいたことなんだけど、人とか箱に話しかけられないクールタイムは、フクズクアイコンが点滅してるとき、つまりオートセーブ機能が働いているときに起きてるんだ。

Ver3.9では、施設とかアイテムボックスを利用するタイミングではオートセーブが行われてなかったってことなのかな、意識して無かったけど、Ver10.3では施設・アイテムボックスの利用後にオートセーブが行われてるんだ。

このオートセーブ中には利用できない、つまり、オートセーブ機能をOFFにすればクールタイムも発生しなくなるんだ。

ただ、そうなると落ちた時とかに怖いから、再び考えてしまうよね・・・。

エルガドの施設の距離感

エルガドの拠点内はカムラで言う集会所と里の機能を兼ね備えてるんだ。もっと言えばオトモ広場の機能も備えてるね。

ロビーを使ってマルチプレイをしてるときに、主に使用されるのは、クエストカウンター、クエストボード、アイテムボックス、おだんご屋さんの4か所だと思うんだ。

素材が集まったら武器や防具も作りたいだろうし、お店で福引や錬金もしたいよね。交易船の上がりも確認しなきゃだし、隠密を派遣したりもしたい。

これは慣れで解決できる範疇だと思うんだけど、エルガドはカムラの集会所とナカゴルームに比べて広いんだよね。

翔蟲使って移動出来るとはいえ、準備に時間がかかっちゃうんだ。ガチで連戦部屋とかなら、カムラの集会所を使えばいいんだけど、せっかくの新しい拠点も便利に使えればよかったのにな、って思ってる。

関係ないけど、カムラでのナカゴへのヘイトは多分ミレーネに向いてると思う。聞いてもないのに急に自分語りを始める辺りが大分ヤヴァイと思う。あと、福引や錬金中のオボロもかなりクるものがある。たまにマイドさんに会いに行くとホッとする。

最後に

今回はVer10アップデートで便利になったことと、不便になったことを5つずつ、合わせて10個紹介してきたんだ。

これを書いてる段階でのざるたんはMR300手前で、勲章をやっとコンプした位の感じなんだ。まぁ、そこそこにやってる方だとは思うんだけど、プレイしてく中で不便に感じたり便利に感じたことをまとめてみたんだ。

あくまでも個人の感想なんだけど、同じこと思ってる人が居たら嬉しい。

本文中でも言ったけど、基本的にはアップデートには満足してるから、「改善を強く希望する」とか「操作性がks」とか言う気はないんだ。誤解無きよう。

当然これからもプレイは続けるし、気付いたこととか、お役立ち情報みたいなのを記事にしてくから、また遊びに来てくれたら嬉しいんだ。

そんな感じ。

POSTED COMMENT

  1. アイロ より:

    投稿お疲れ様です♪

    私はサンブレイクの集会所まわりは特に不満な点はないんですが、相変わらずチャットのしづらさは困ってますね〜

    接続詞に対して変な予測変換するのに、「納刀」とか「赫耀」とかは変換してくれないという気の利かなさ…
    ライズからそのまんまで、リソース割けなかったのかな〜…と思ってます。
    switch版のダブルクロスではチャットのやりづらさは無かったので、たぶんswitch側の問題ではなさそう(?)そこは残念ですね…

    仲間うちなら誤字変換しても悟ってくれるからいいんですが、初対面の方だと誤解されそうで怖いです笑
    (ボウガンか〇〇の「か」を「帰れ」とかで予測変換して誤入力したり…)

    • zaltan より:

      アイロさん

      ありがとうございます!!
      所謂AHOKって言われるやつですね。。。

      XXだと大丈夫なんですね、なんでなんだろう。
      赫耀が変換できないのは、かつてダレンモーランが予測されてネタバレした経緯も関係あるのかな。。。

      「ボウガン帰れ」はライズ本編の状況を考えると笑えてしまいますが、当事者は全く笑えないですね。
      出来るだけ定型を使ったりしてますが、Steam版はPCの変換履歴を参照してくれるっぽいのでその辺りの不便はないです。
      ただ、普段の文章にモンハン用語が表れてしまう難点があります。ブログのせいもありますが・・・。

  2. Mora より:

    こちらではお初です。Moraです。
    人物へ連続で話しかけられない件なんですが、オートセーブをONにされていませんか?
    自分も困ってたんですがどうも右下にフクズクアイコン(オートセーブアイコン)が出てる間がクールタイムと重なってたので、オートセーブをオフにしたらライズ時代と同じ感じになりました。
    スクショ見た感じ右下にフクズクアイコンあるので、一度お試しください!

    • zaltan より:

      Moraさぁぁああん

      コメントありがとうございます!!!!

      オートセーブONでした。そして、OFFにしたら快適になりました!!!!
      ライズ本編時代もONだったんですが、オートセーブのタイミングが増えたってことっぽいですね。

      とっても有益な情報なので加筆修正させていただきます!!
      ほんっとうにありがとうございます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。