MHRise

【MHRise解説】余ったLV1スロットに入れる装飾品はコレだ!

こんばんは、ざるたんです。そいそい。

MHWでレベル1スロットに装着する装飾品は達人珠、攻撃珠など攻撃的なラインナップもあったんだけど、MHRiseではVer2.0現在は直接的に攻撃力を上げるスキルの装飾品はLV1スロットには装着できないんだ。

攻撃系のスキルはほとんどLV2スロットに格上げされていて、攻撃や見切りを上げるためにはLV2スロットが必要になってくるんだ。

MHWではLV1スロット3つを使って体力増強を発動するのが一般的だったけど、MHRiseには体力増強スキルは存在しない。

現環境でのオススメスキルについては下の記事も参考にしてみて欲しいんだ。LV1スロ以外のスキルも紹介してるんだ。

【MHRise解説】乙らないのが一番!守備型スキルのすすめ!モンハン中毒のざるたんが守備型スキルについて解説してる記事。攻撃盛っても回復がぶ飲みしてたり、乙ってたりしたら意味がないから、快適性も含めて守備型スキルを積むことをオススメしてる。...

そんなわけで今回は、LV1スロットにはどんな装飾品を入れてどんなスキルを発動するのが良いのかについて考えていってみるんだ。

ごーごごー。

耐衝珠:ひるみ軽減

ここはざるたんのブログなので私論を展開していくんだけど、マルチプレイにおいて、ひるみ軽減は少なくとも近接武器種には必須のスキルなんだ。LV1スロが空いてないならLv2スロに詰めてもよいと思ってる位必須スキル。

モンスターのダウン中にPT全員でラッシュをかける時に、参加できないだけでPT火力はガタ落ちなんだよね。スパアマがあるから問題ないって思うかも知れないけど、ダッシュで駆け寄ってくる間はスパアマ無いよね。

回復するときに納刀して、モンスターの攻撃が来ない方向に移動したら、ガンナーの射線に入っちゃって速射でひるんでる内に止め刺される、なんて事故も起こりうるよね。

仲間が居るところでしりもち・吹っ飛ばし攻撃は自重出来てものけぞりすらない攻撃は無いので、全員がひるみ軽減付けてるのが理想的。

まぁ、チャンス時に仲間にひるまされて攻撃出来ない、ってなったら一番ストレス感じるの自分だと思うんだけどね。はっきり言います。下位なら仕方ないけど、上位で仲間の攻撃に巻き込まれてストレス感じてもスキル付けてない方が悪い。

完全な私論なので異論は認めるけど、コメント他でディスカッションする気はあんまりない。というかないれす。

研磨珠:砥石使用高速化

今作はオトモガルクに乗って動きながら武器を研ぐことが出来るので、前作までよりも安全に砥石を使用できるんだけど、切れ味が落ちてからガルクに乗って研いで、研ぎ終わったら戦線に復帰して、って考えると結構手間がかかるよね。

どんなモンスターを相手にするにも使う砥石が速くなることは非常に便利なんだ。

もちろん他に優先すべきスキルがあれば、そちらを発動すべきだけど、手数の多い武器を使っているときは、自タゲ切れたらすぐに研げば切れ味の高い状態をキープ出来て、結果として攻撃力が落ちるのを防ぐことが出来る。

剛刃研磨と組み合わせると、白10みたいな短い切れ味ゲージでも白ゲージをキープして戦闘が出来るから、こちらもオススメなんだ。

飛込珠:飛び込み

モンスターの避けづらい攻撃は、納刀してモンスターから遠ざかる方向に走りながら繰り出すジャンプ回避で避けると安定して避けられる。ガード不可の武器ではモーション見たら即納刀→ジャンプ回避って言うのが必須テクニックになってくることもあるんだ。

飛び込みが発動してると、このジャンプ回避がモンスター方向に向かって走っていても出せるようになるんだ。

今作はテオ・テスカトルの必殺技「スーパーノヴァ」の発動が速くなってるから、振り向いている間に炸裂してキャンプ送りになっちゃったりした人も居るんじゃないかと思うんだ。

飛び込みが発動してれば振り向いてから回避する必要がないので、ギリギリのタイミングで回避出来たりするから付けみてもよいかもなんだ。1スロだけで最大レベルまで発動するしね。

余談だけど、以前はジャンプ回避のことを緊急回避とかダイブとかハリウッドダイブって呼ぶことが多くて、ジャンプ回避が正式名称になってからも口語では緊急回避って呼んだりするんだ。

陽動珠:陽動

陽動はちょっと効果が解りづらいスキルなんだけど、モンスターに攻撃を当てたときに上昇するヘイト値が増加するスキルなんだ。ヘイトに関わるスキルだから実質的にはマルチプレイでしか機能しない。ソロでも恐らくオトモが狙われづらくなるとは思うけど・・・。

このスキルも賛否分かれそうな気がする。

ヘイトが上昇しやすければ当然ターゲットに設定されやすくなる。ターゲットに設定されやすければモンスターが自分の方を向きやすくなり、頭(≒弱点)が狙いやすくなる。

太刀とかランスとかのカウンター武器とか、スタンを狙いに行く片手剣やハンマーには有用なスキルなので、付けたくなる気持ちはわかる。特にランスは弱点攻撃しないと火力が全く出せないので付けたくなる。

だけど、自分にタゲが向きやすくなるってことは、他のPTメンバーにタゲが向きづらくなる、って言いかえることが出来るんだ。

例えば、遠距離から徹甲撃ってスタンを狙うライトが付けると、スタンは格段に取りやすくなる、とは思う。けど、いつも以上にシャトルランを誘発しやすくなったり、ホーミングが強いモンスターの攻撃に仲間を巻き込みやすくなることも考えないといけないんだ。

スタンでサポートって言っても他の全員が離れたところに居る時にスタン取っても背中向けてダウンしてるモンスターに駆け寄る時間分が無駄になっちゃうよね。

後は、他の記事でも書いたんだけど、単純にタゲ管理・把握がやりづらくなるんだよね。なので、ざるたんはランス好きだけど、陽動は付けないことにしてるんだ。

装飾品はLV1スロットサイズだから簡単に付けられるから身内PTとかなら試してみるのもよいのかも。

耐絶珠:気絶耐性

色んなところでオススメされてる耐絶珠なんだけど、正直ざるたんはあまりオススメしてないんだ。理由は他の記事でも書いたんだけど簡単に解説してく。

確実に言えることは、気絶するってことは短時間に連続して被弾してるってことなんだ。

連続して被弾してる間に回復を試みないわけはないので、回復中に被弾してるってことになると思うんだ。「回復中に被弾」、これがまず問題。

また、マルチで連続でタゲを取ったり、人のタゲに巻き込まれたりしても連続した被弾は考えられる。「タゲ・ヘイトの把握が出来てない」、これも問題。こっちはタゲってるのに怪我人に寄ってきちゃう人が居たりするから一概には言えないんだけど。

【MHRise解説】脱初心者!敵を知り己を知れば百戦危うからず!元プロハンのざるたんが初心者~中級者向けにMHRise攻略の手引きをするシリーズ。今回は孫子の兵法を授けてく。ハンターの攻撃とモンスターの攻撃の両方を把握しておくことで有利に狩りを進める方法を解説している。...

↑の記事で詳しく解説してるんだけど、被弾するかも知れない状況で強引に回復しようとしたり、誰に向けて攻撃が飛んできてるかの状況判断が出来てない状態で回復したりしないとそうそう気絶はしないんだ。事故はあると思うけど。

そんなわけで、基本的には上達すれば要らなくなるスキルだから、はじめから付けなくても問題ないと思ってるんだ。

ただし、イソネミクニやビシュテンゴみたいに閃光で強制気絶させてくるモンスター相手には付けていくのは大いにアリだと思う。どっちも直後に攻撃はしてこないけど、閃光のタイミングが攻撃チャンスになるのは大きいよね。

防風珠:風圧耐性

今作では風圧耐性が1スロ装飾品で付けられるスキルになってる。

いつの間にか鋼龍って呼称になってた元・風翔龍クシャルダオラ戦ではLV3まで発動させると非常に楽に戦えるようになるんだ。ブレスの外側にある風圧とか本体の風圧、離陸・着陸の際の風圧をほとんど無効化出来る。

風圧最大纏い時の龍風圧は完全無効には出来ないけど、それでもストレスは大分軽減されるから超・オススメなんだ。

他にもリオレウスの離着陸時とかティガレックスの尻尾回転時とか、モンスターの行動に風圧が伴ってたりするから、相手によってLV1とかLV2とかを発動させると攻撃機会が増えるのでオススメ。

泥雪珠:泥雪耐性

こちらは相手モンスター限定でオススメの装飾品。

行動が読みづらくて、図体デカくて、水に潜ったり、ダメージゾーン生成したり、壁を作ったりと苦手にしてる人が多いオロミドロ戦では非常に有用な対策スキルになってる。

スキル説明には書かれてないんだけど、オロミドロが生成するダメージゾーンになる泥は泥雪耐性LV2が発動してるとノーダメージで移動も制限されないただの地面になるんだ。本体と濁流にだけ集中することが出来るし、画面端のダメージゾーンに押し込まれる事故も無くなるから非常にオススメ。

オロミドロ以外にもウルクススの雪だまりとか、ボルボロス・ジュラトドスの泥でも移動が制限されなくなる。泥に足取られただけで致命傷になりがちなガンナーにはとっても相性いいと思うんだ。

状態異常耐性珠:各種状態異常耐性

Ver2.0段階でMHRiseの状態異常には毒・麻痺・睡眠・爆破(鬼火)やられがあるんだ。

相手にするモンスターに状態異常を起こす攻撃がある場合、状態異常耐性を付けておくことで安全に立ち回ることが出来るようになる。

耐毒珠:毒耐性

現在毒を引き起こすモンスターは、ドスフロギィ・ビシュテンゴ・プケプケ・バサルモス・リオレイア・リオレウス・ヌシリオレウスといっぱい居るんだ。加えてヌシリオレイアとオオナズチが猛毒を持ってる。

猛毒は毒よりも体力の減りが速い状態異常で、対策無しで放置すると非常に危険。

これらのモンスターと戦う際に毒耐性LV3が発動してると、本来被弾すると毒になる攻撃もダメージだけで済むようになるんだ。とはいえ、リオレイアの尻尾サマーソルトなんかはそれ自体のダメージも馬鹿にならないんだけど。

仮にリオレイアのサマーソルト被弾から立て直すことを考えると、受け身取る→漢方薬飲む→回復G飲むって感じになると思うんだけど、毒無効が発動してれば受け身とる→回復G飲むってだけで戦線に復帰できるし、力尽きる可能性も低くなるんだ。空きスロットがあるなら保険として考えてもよいかも。

耐麻珠:麻痺耐性

現在麻痺を起こすモンスターはラングロトラ・フルフル・ビシュテンゴの3頭。

麻痺は行動不能時間が長いので、麻痺中にタゲるとほぼ確実に被弾する。麻痺攻撃を貰って次の攻撃も被弾すると元の体力にもよるけどキャンプ送りが見えてくるラインだと思うんだ。

特にフルフルは登場時期が早い割には効果力で、2連ブレスの一発目で麻痺ると次弾も被弾が確定する。とっても危険なんだ。

麻痺耐性LV3を発動することで麻痺状態にならないようになるので、相手をするときには付けることも視野に入れて良いと思うんだ。

耐眠珠:睡眠耐性

睡眠攻撃は現状ドスバギィとイソネミクニの2頭が使って来る。ドスバギィにそこまでの対策が必要かどうかは疑問なので、実質イソネミクニ戦の対策スキルってことになるのかな。

イソネミクニの眠り粉は滞留する時間が長くて、本体に近づけなかったりストレスになる。そして、睡眠を喰らうと、歩きながら睡魔と戦い敗北、って感じにゆっくりと入眠するんだ。麻痺と同じくらい拘束されるかな・・・。

睡魔と戦ってる間に元気ドリンコを飲んだりなにかしらの攻撃を貰えば寝ないで済むんだけど、わざわざそんな面倒な現地対策をするくらいだったらLV3の睡眠無効を発動させるのも大アリだと思う。

睡眠無効になっていれば、眠り粉を突っ切って本体に攻撃出来るし、隙だらけの弱点を殴れるので火力も出せる。

耐爆珠:爆破やられ耐性

爆破やられはほっとくと体が爆発してダメージを受ける恐怖のやられ。使い手はイソネミクニとテオ・テスカトル。イソネミクニは爆発する貝をラッコさんしなければ発動しないかなりレアな攻撃。

なので、現状では実質テオ・テスカトル戦の専用スキル。

テオ・テスカトルは爆破粉塵まとい状態になると、そこかしこに粉塵をまき散らし始めて、それらに触れると爆破やられになる。解除には手間がかかるのでLV3まで発動させておくのがとてもオススメ。というか、それ前提で調整されてると思う。

各種属性耐性珠:各種属性耐性

モンスターの攻撃には属性が乗った攻撃があって、防具トータルの属性耐性値によってそれらのダメージが上下するんだ。属性耐性スキルは該当属性の属性耐性値を上げることが出来る。

例えばリオレイアのブレスは火属性、とってもわかりやすい。火耐性が0の時に基準ダメージで、火耐性が-10ならダメージは110%、+15なら85%ダメージって感じに受けるダメージが変わってくるんだ。

さらに、スキル・食事込みで各種耐性が20以上になっていると、属性やられにならない。ダメージ軽減もそうだけど、こっちもとっても重要。

基本的にモンスターは複数の属性攻撃をしてこないので、モンスターごとに付け替えたり、装備のマイセット登録をして使い分けていくのが便利。

耐火珠:火耐性

火属性攻撃は、アケノシルム・リオ夫妻・アンジャナフ・ヤツカダキ・テオ・バゼルギウスが使って来る。要は当たると火やられになる攻撃。

属性やられを無効化出来るところまで積んでおくと、被弾からの立て直しが速くて便利。ダメージも20%カットってとっても大きいと思うんだ。

耐水珠:水耐性

水の使い手は、ロアルドルス・ボルボロス・ヨツミワドウ・ジュラトドス・タマミツネ・オロミドロ・で意外と多い。地面の状況によってはティガレックスの岩飛ばしも水属性になるんだ。

攻撃とか見切りが乗ってる防具は水耐性が低い伝統があって、MHRiseでも守られてる。オロミドロとかタマミツネの攻撃が痛いのもこれが原因。やられ無効までは積めなくても耐性値をプラスにするだけで目に見えてダメージが減るからお試しあれ。

耐雷珠:雷耐性

雷攻撃は、フルフル・トビカガチ・ジンオウガ・ラージャン・ナルハタタヒメが使って来る。

雷やられはタゲリやすく、気絶しやすくなる効果があるので危険なんだ。あと、ジンオウガやラージャンの雷攻撃は非常にダメージが高いので、もしも貰ったことを考えると、耐性値を上げておくに越したことはないんだ。

耐氷珠:氷耐性

氷属性の攻撃は、ウルクスス・ベリオロス・ゴシャハギ・クシャルダオラが使う。地面によってはティガも。

氷やられになると翔虫の回復速度が遅くなるんだ。

高火力装備は氷耐性も低くなりがちなので、やられ無効までは積めなくてもゴシャハギ、クシャルダオラ戦には積んだ方が安心かも知れない。

耐龍珠:龍耐性

龍属性攻撃使いは、現在クシャルダオラとイブシマキヒコだけ。クシャルダオラは2属性使って来るね。テオもだったか。

龍属性やられは武器の属性値が一時的に0になってしまうんだ、しかしながら、現在無属性全盛なので、自分の武器が無属性だったら無視して問題ない。

どっちも大ダメージの攻撃なんだけど、クシャは他のスキルでかつかつになるし、イブシマキヒコはVer2.0では百竜夜行専用モンスターなので、専用対策スキル装備を組みづらい。

これから先追加されるモンスターに必ず使い手がいるはずなので、MHW:IBのアルバトリオンみたいな仕様のモンスターが実装されたら思い出してあげてください。

各種属性珠:各種属性攻撃強化

現状LV1スロスキルで直接的にダメージを増加させることができる唯一のスキルがこの属性攻撃強化なんだ。

って言っても現在居るモンスターの属性肉質は柔らかくても25とか30。

例えば、属性値40の武器で属性肉質25の部位を攻撃すると属性ダメージは10。これと物理ダメージを足したものが表示されるダメージなんだ。

属性値40の武器に属性攻撃強化LV5まで積むと、40*1.2+4=52で属性値が52になる。この時属性肉質25の部位に攻撃すると属性ダメージは13。切れ味補正は加味してない。一発当たり3のダメージ差を大きいとみるか小さいとみるか・・・。

片手剣や双剣などの手数武器なら、百竜強化を属性に振って、属性会心も付けて最大限属性盛りをすれば有用・・・、かも知れない。ちゃんと計算してないから申し訳ないけど、双剣は属性ダメージにマイナス補正入ってそうだし・・・。

とは言っても、余りがちなLV1スロットで火力を少しでもアップ出来るスキルなので、属性武器を担ぐときにはスロット空けておく位なら付けてくのが良いスキル。

防御珠:防御

モンハンの防御力は大雑把に言うと対数曲線を描くので、上位後半の防御400→500に上がったところで被ダメージは3%位しか変わらないんだよね。

防御80で50%軽減。防御240で75%軽減、防御560で87.5%軽減、だったかな。しっかりと検証してないけど、恐らくこんな感じ。

下位では非常に有用なスキルなんだけど、下位には装飾品が無いし、扱いが難しいスキル。ミリ残りで生き残った時に初めて恩恵を感じるスキル。

ただ、スキルLV4からは属性防御がプラスになるから、ギリギリ20に届いていない場合とかは発動させてもありかも知れない。一応攻撃スキルのために使うこともあるボロスSに乗ってるから装飾品併せてLv4超えそうなら一考に値するかと・・・。

これよりも各種属性耐性を優先した方がいいのは確実なんだけどね。

最後に

今回は、1スロ装飾品で発動出来るスキルで有用そうなものをピックアップしてみたんだ。

MHWでは耐属珠が1スロ装飾品だったので汎用装備に入れとくのにちょうどよかったんだけど、MHRiseでは2スロになっちゃった。

他記事でも言ってるんだけど、モンハンシリーズは最終的に対各モンスター専用の装備を組むのが快適なゲームなんだ。今回紹介した中では属性耐性や状態異常耐性を盛り込んだスキルセットを組むことで面倒なモンスターが楽に狩れるようになったりするからぜひ試してみて欲しいんだ。

そんな感じ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です