Call of Duty

【CoD:V】効果的なエイム練習方法!Bot撃ちandゾンビ撃ち

こんにちはざるたんですよ、よい。

人には向き不向き、ってものがあるんだ。ゲームジャンルにも向き不向きがある。いきなりだけど、たぶんざるたんはFPSに向いてない。特に、最悪の場合犬を撃たなくてはいけない、ってなるとためらいがある。

ただ、ゾンビはなんの躊躇もなく撃てる。そう、それが向き不向き。

さて、今回はFPSのエイム練習についてなんだけど、練習も兼ねて実戦でやってこう、って思うと、よほど向いてる人じゃない限り、基本的にはぼっこぼこにされるんだ。

特に、解除されたてで反動パターンが把握出来てない武器とかを使った日には、思いもよらない方向に銃口が跳ねて全く当てられなかったり、ADSが遅くて構えるまでも無くハチの巣にされたりしちゃうこともあるんだよね。

そんな時の練習法としてBot(ボット)撃ち、って言うのがあるから紹介してこうと思うんだ。

れつごご。

Bot撃ちとは

Botって言うのは簡単に言うとコンピューターが操るキャラクターで、今回紹介するBot撃ちって言うのは、対CPU戦でCPUに的になってもらって練習する方法なんだ。

Botにはゲームの上手さって設定があって、上手くしてくことが出来るんだけど、所詮はBotなので対人戦の駆け引き的な練習は出来ない。

ただ、的に銃を構えて撃つ練習方法なんだ。

Bot撃ちのやり方

それじゃ、ここからは実際にBot撃ちをやる方法を順序立てて解説してくんだ。

1.プライベートマッチを作る

Bot撃ちをするには、マルチプレイメニューの一番下にある「プレイベートマッチ」ってやつを選ぶんだ。

ここでは、自分でルールを決めることが出来る。フレンドと1on1とかやる時にもここを使うんだ。

2.マップとモードを設定する

プライベートマッチ=カスタムマッチメニューから「ゲーム設定」を選んで、マップとゲームモードを選択するんだ。

敵を撃つ練習だから、通常は狭いマップで会敵機会を多くして、見える人間が全部的になるモードのFREE-FOR-ALLを選んでいくよ。

マップを覚えることが目的だったり、DOMやHPの拠点・地点を覚えたい時にはそれぞれのマップやモードを選んで練習するのもありなんだ。

3.ゲームルールを設定する

そしたら、今度は練習に適したゲームルールを設定してくんだ。

まず、1ページ目ゲームタブはこんな感じ。タイムリミット・スコアリミットを無制限にして試合が終わらないようにしてく。設定し忘れると一回一回試合が終わってしまうからストレス。

一個飛ばしてチームタブ。ここでは、レーダー常時オンを設定するんだ。一定か方向性を選んでおけばOK。これで、ミニマップに常に敵が赤点表示されるんだ。

クリアリングの練習じゃなくて、エイムの練習だから敵の場所が常に解ってた方がいいんだ。

次はゲームプレイタブ。ここでは「リスポーン時弾薬マガジン」を最大にする。

さらに「フィールドアップグレードチャージ速度」を最大のx10にするんだ。これは後でちゃんと説明するんだ。

最後にキルストリークを無効にする。キルストリークの操作練習をしたい場合には有効にしておいても良いんだけど、たまに絶好調のBot達がキルスト連発とかし始めてストレスだから、基本は無効に設定するんだ。

4.Botの設定

今度はLスティック押し込みで設定できるボットの設定をしてく、って言っても1体1体手動で足すのが面倒だから、ボットのオートフィルをオンにするだけなんだ。

ボットの強さに関してはルーキー設定で問題ないよ。下手にちゃんと撃ち返されると練習のテンポが悪くなるからなんだ。

5.その他の準備

Bot撃ち最大の敵は弾切れなんだ。弾が切れるとエイム練習が継続出来なくなってしまうんだよね。そこで、弾が切れないような準備をしてくんだ。

まずはフィールドアップグレードのサプライボックスで定期的に弾薬を補充する方法。さっきフィールドアップグレードのチャージ速度を最大にしたのはこれを連発するためなんだ。

もう一つの方法はPerk3にスカベンジャーを装備する方法。これならフィールドアップグレードを使わなくても倒した敵の上を通れば、自動的に弾薬が補充されるんだ。

個人的にはスカベンジャーの方がお手軽でオススメなんだけど、SRの練習とかで、倒した敵の近くまで行くのが面倒な時にはサプライボックスも使ったりするとよいよ。

6.マッチを開始

この状態でマッチを開始すると、4.の設定どおりに空いた枠にBotが自動的には言ってくれるんだ。DAS HAUSって狭いマップに自分合わせて20人居るから常に誰かと撃ち合ってる位の人口密度になるんだ。近~中距離の練習にはとっても良い。

Bot撃ちながら考えること

ただ無心にBot撃ちをやっていてもエイム力は付くかも知れないけど、いろいろ考えながらやるとさらに有効な練習になるんだ。

たとえば、初弾を必ず当てるようにするとか、リコイルコントロールの練習を重点的にやるとか、マップの赤点から位置を予測して飛び出し撃ちの練習をやるとか、メインの弾薬切れに備えてサブに持ち替えながら戦うとか。

そんなことを考えながらプレイすると練習効率がアップするんだ。

目の前の敵と撃ち合いながら、遮蔽物を使ったりして他の敵から身を隠す、って言うのも意識すると通常ゲームでのデスを減らせるよう。ついでにマップも覚えてしまうと有利に戦えるからオススメなんだ。

ざるたんはやるときにはまとめて500キルまでやる、とか計算上のキル弾数ジャストで倒しきる練習とかをしたりしてるよ。

Bot撃ちでは得られないもの

ひとりでも出来て効果的な練習方法のBot撃ちなんだけど、Bot撃ちでは得られないものもあるから注意が必要なんだ。

例えば、さっきもちらっと書いたんだけど、Botは撃ち合い中に横移動や伏せ撃ちに切り替えたり、って動きをしない。実戦では、SMGと近距離で撃ち合って一番怖いのは弾を躱されることなんだけど、Botは棒立ちで喰らってくれちゃうから、この練習にはならないんだ。

あと、Botは通路とかのロングに張ってることが無いんだ。実戦では通路が見渡せる強ポには大体LMGとかARが見張りとして立ってるんだけど、Botは強ポから撃ってくることがないんだ。これはヘッドショット縛りとかで練習するしかないかな。

カスタムマッチでは武器レベル1でも全部のアタッチメントが装着できるんだけど、当然通常マッチでは自分が解除したアタッチメントしか使えない。だから、リコイルコントロールの練習とかをするなら、実際に自分が解除してるアタッチメント構成で練習しないと効果がないんだ。

そして、Bot撃ちではXPの類は一切手に入らないんだ。だから、Bot撃ちしながらオペレーターレベルとか武器レベルを上げることは出来ないんだ。当たり前っちゃ当たり前なんだけど、ちょっと悲しいよね。

さらに、500Botとか撃ってると飽きてくるんだよね。はじめの100体位は意識して初弾から当てて、リコイルコントロールもしっかりやって、って感じにこなしててもだんだんと惰性でだらだらやっちゃいがちなんだ。これはまずい。

ゾンビ撃ち

飽きっぽい人にオススメな、Bot撃ちに変わる練習法としてゾンビ撃ちって言うのがあるんだ。まぁ、ゾンビ撃ちって言うか、ゾンビモードをプレイするだけなんだけどね・・・。

ゾンビモードには独自の要素が結構たくさんあるから多少の慣れは必要なんだけど、基本的には表れるゾンビに向けて銃を撃つだけなんだ。

【CoD:Vゾンビ】VANGUARDゾンビの基本的な進め方とかやってくCoD:Vゾンビモード序盤の進め方やPerk、盟約アビリティの効果について解説してく記事。BOCWゾンビとの違いや、オススメPerkなんかについても考えてく。...

ゾンビもBot同様に弾を躱すような動きはしないけど、ヘッドショットの倍率がマルチの比じゃないくらいに高いから、ヘッドショットを狙う練習にはなるんだ。

マルチと比べると交戦距離が近いから、遠距離のエイム練習にはあまりならないんだけど、近距離で素早くエイムを合わせて撃つ練習にはなるんだ。

一応ゲームとして成立してるから、Bot撃ちよりも飽きが来づらいし、大きな違いとして各種XPが貰えるんだ。Bot撃ちでは貰えないからこれは大きいよね。

最後に

今回は練習法として一般的なBot撃ちのやり方や効果的なBot撃ちの方法なんかを紹介してきたんだ。意識しながらやるとFPSに不向きな人でもある程度撃ち合えるようになるんだ。

ざるたんはBOCWでBot撃ちの代わりにゾンビ撃ちを始めたら、ゾンビモードが楽しくなってしまって、メインゾンビ、息抜きにマルチってバランスになってしまったんだ。気付いたらマルチでもそこそこに撃ち合えるようになってたし、マップを見る余裕も少しは生まれたんだ。

紆余曲折だけど、それもまたいいじゃない。

そんな感じ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です